1101環境が変化を促す

2016-10-17 08.30.08-1

iPadアプリに記録している体重をグラフ化しようと、エクセルに転記しています。いつから記録し始めたか確認すると、2011年10月9日から記録されていました。5年と約8ヶ月、長いですね。

その日から約1年半分のエクセル転記を終えました。ひとまずグラフ化したところ、ぎざぎざしながら下がったり上がったりを繰り返し、結果はほぼ変わらず、むしろ少し増えていました。記録し始めてから昨年の9月ごろまでの約5年間、体重の差は1kg程度でした。その間、ギザギザしながら上下運動をして結局振り出しに戻る、体重を減らしたかったのに何もしていないと同じ結果になっていました。

ところが昨年の11月から徐々に体重が落ち始め、本日の体重は過去15年間で最も軽い測定値を記録しました。BMIも27.15から24.39へ2.76落ちました。記録初日と体重を比較すると、8.85kg減量しています。どうしてでしょうか。

それは知識と高品質な栄養補助食品と水、空気を変えたおかげです。体を形成する材料を見直したのです。

昨年4月に私にとってベストだと判断できる高品質の栄養補助食品に出会い、それに付随した知識を得る機会に積極的に触れ自分事化し、意識を変え行動を変えました。その結果、今が過去15年で最軽量体重に、しかもまだ落ち続けています。体を作る環境を整えると、理想的な体型に自然と変化していくのでしょう、記録を開始した時の目標体重を先月ようやく達成し、新たな目標体重へも確実に向かって減っています。体重計に乗ることが楽しみになっています。

何かを変えたいと思った場合、このブログでなんども言っていますが「知識」と「行動力」です。すぐに行動できる人ほど人生を豊かに過ごしていると思います。行動を起こせない人は頭の中で考える範囲内でしかないので、過去の範囲から広がることはほとんどありません。理論ではなく直感で行動することがあなたの枠を広げる方法の一つです。その枠が大きくなるかどうかの判断材料の一つとして、知識を活かしてください。知識はただの材料です。活かすも殺すも行動力を伴っているかいないかです。

体を作る材料を良いものに変えたので、アトピーの症状も塗り薬はほぼ使用せず、抗アレルギー剤を朝1錠飲むだけで済んでいます。おかげで大量の塗り薬が家に余っています。薬局へ持って行ったら残薬として受け取ってくれるかな?

私は昨年の春頃まで、体重コントロールの方法が間違っていました。やらなくてはならないことをやらず、やりすぎてはいけないことをやっていました。その結果、上下に振れ幅の大きいギザギザグラフとなって表れています。直近の半年のグラフを見ると、なだらかな右肩下がりとなっています。製品に出会い、知識を得、それに従って行動する(環境を変える)。それを毎日繰り返し習慣化したことで、今の結果に結びついています。今の体重になるまでには倦怠期はなんども訪れ、体重も増えたり減ったりを繰り返しています。そして今は減量し続けるゾーンに入っています(自分で勝手に命名)。ここでさらなる行動を起こして体重を減らします。今月の検診、楽しみです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中