1106小さな1歩があなたを変える

2016-10-17 13.30.49-1

保健指導リソースガイドより
<a href=”http://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2017/006194.php&#8221; >ライフスキル</a>

このブログでお伝えしている「意識」と「行動」について、科学的な根拠が示された記事です。科学的な根拠を待つまでもなく、経験から十分推測できる事象です。

人は99%動きません。70でも80でも100でもなく、99です。わずかに動いた1%の人が世界を豊かに変えています。アップル、マイクロソフト、マクドナルド、ソフトバンク、ユニクロなどこれまでの世の中には存在しなかった製品やサービスを生み出す人がいたから今の便利な世界は出来上がりました。

この様な大きすぎる話ではなく、日常でも常に行動力が試されています。

例えば、朝ごはんはご飯にするかパンにするか、そもそも食べるか食べないか。傘を持って出かけるか持たないか、次の休日は出かけるか出かけないかなど、常に脳は行動を決断し続けています。本来は行動をするかしないかの判断は瞬時にできるはずです。

しかし、ここに99%動かない理由があります。それはあなたの触れてきた情報と経験からかけ離れたものには、行動を起こそうとはしません。周りもやらないから、私にはわからないから、自分だけだと恥ずかしいからなど、行動しない理由を探して動けなくしてしまいます。

この記事は有効な知識を持っていても、動ける人と動けない人の間には明らかに健康度に違いが出た、というものです。続かないことは意志が弱いのではありません、意識の持ち方が少しずれているのです。三日坊主でも新しく行動を起こしたので素晴らしいことです。たまたま続けるコツを知らなかっただけで挫折してしまったのです。あと少しの知識があれば自己成長できていたことでしょう。

知識、意識、行動を起こす、継続させる、習慣化になる。この順番が大切です、習慣化になるまでにおよそ100日必要です。これは私の経験もさることながら私の唯一購読しているメルマガの著者からの経験則によるものです。100日間実行すると歯を磨いたり顔を洗う様に、それを実行しないと落ち着かなくなります。100日です。

世の中は行動を起こさなければわからないことばかりです。想像の枠を超えているからこそ、勇気を持って1歩踏み出しましょう。今よりも豊かな生活を得られると思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中