ソプラノ歌手のコンサート

一昨日のテノール歌手によるクラシックコンサートに続き、昨日はソプラノ歌手によるクラシックコンサートで美声に浸ってきました。

ソプラノ歌手の高音の声の響きは、全身に伝わってきますね。最初の1小節分の歌声でシビれました。テノールの歌声とは違う体への浸透でした。

垣岡敦子氏のソプラノの美声、クラシックのことは初心者で予備知識もないまま聞きに行きましたが、癒される感じがするのと同時に豊かさを感じました。生のピアノ演奏と生の素晴らしい響き渡る美声という環境に自分がいるという事を考えたとき、心に豊かさが芽生えたように感じました。エグゼクティブがクラシックを好む理由がわかったような気がしました。

また、2日連続でクラシックに触れた影響で、イタリアに興味が湧きました。少しずつイタリアのことを調べ、オペラやワイン、美術館のことも調べて勉強していきたいと思います。自分にとって貴重な2日間でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中