1141太陽は味方、感謝しよう

毎日新聞記事より
<a href=”https://mainichi.jp/articles/20170712/k00/00e/040/241000c&#8221; >日焼け止め使用でビタミンD不足</a>

市販されている日焼け止めが、しっかりと紫外線を防ぐことを証明した記事ですね。

ビタミンDは、脂溶性ビタミンと言って水には溶けず油にのみ溶ける成分なので、体に留まってくれます。そのためビタミンの中でも脂溶性ビタミンは不足しづらいのですが、それが不足しているという驚きの報告です。因みに脂溶性ビタミンはDの他にはA、K、Eがあり、「ダケ(DAKE)」と覚えます。

ビタミンDはこのままの形では働いてくれません。活性型という形に変身して初めて体に有効な成分となります。そして、変身には紫外線が必要なのです。

紫外線を浴びる時間は1日10分程度、都内であれば自宅から最寄り駅まで歩くだけで十分な時間です。
しかし、日焼け止めを塗った肌には紫外線が届きません。家の中にいるのと同じ状態ということです。

もし今後、ビタミンD欠乏症が増えたら、この疾患も生活習慣病と言われるのでしょう。日焼け止めを塗る習慣によってもたらされる疾患ですからね。

あなたのスケジュールに「日に浴びる」という言葉を入れる時代になっているのでしょうか?もしくは「日焼け止めを塗らずに駅に行く」とか。何れにしても太陽には少しだけ浴びる習慣を身につけましょう。その後のケアはしっかりとね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中