1146AIの特徴を知る

保健指導リソースガイドより
<a href=”http://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2017/006564.php&#8221; >AIで大腸ガンを検査</a>

データが揃っていればヒトよりもガンやガンの種を見つけるのが上手いのが人工知能(AI)です。ただし見つけた後、どのような対応をするのかは人が介入して判断することになります。

AIと人の違いはミスをすることと、見逃しがある事です。どちらもしてしまうのが人です。これらをAIが代わりに行う事で検査などの精度を高めることができます。

AIに取って代わってもよいという職業に薬剤師があります。このアンケートでは過半数の人が薬剤師はAIに代わっても良いと答えています。
https://www.google.co.jp/amp/s/prtimes.jp/main/html/rd/amp/p/000000255.000007597.html

と言うことは、現在の薬剤師の仕事はロボットでも大差がないと突きつけられているようなものです。ロボットならミスもないしおしゃべりしない、休みもいらないから正確に速く調剤できます。服薬指導も定型文である程度済ませられるから薬剤師は少しのフォローだけで済むと考えられているのでしょうか。半分の方がAIでも良いと回答されている事実は重大です。

2030年には世界の仕事の半分がAIに代わられるとも言われています。その時に備える事も必要なのかもしれません。AIの特徴を知り、AIと共存しながら豊かな生活を送っていきたいですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中