1163水はお酒のベストパートナー

8月4日、今日は「ビヤホールの日」です。ビアホールチェーンの銀座ライオンが制定。
1899年のこの日、東京・銀座の新橋際に、現存する中では日本で最も古いビアホール「ヱビスビヤホール」(銀座ライオンの前身)が開店した。

そして、明日8月5日は「世界ビール・デー(International Beer Day)」です。
2007年にアメリカ・カリフォルニア州サンタクルーズで開始。
友人たちと集まってビールを楽しみ、醸造会社などビール製造に関わる人たちに感謝をする日。

ということで、ビールの話です。
<a href=”https://www.asahibeer.co.jp/csr/tekisei/health/influence.html&#8221; >アサヒビール「お酒と健康」</a>

アサヒビールのwebサイトには、お酒に関する情報が多く掲載されています。そのうち「お酒と健康」を取り上げます。

お酒とカロリーについて、サイトでは糖質について述べられています。アルコール20gで140kcal、この他に素材等からの糖質のカロリーを加味しなければなりません。300ml、アルコール度数5%のビールの場合、アルコール量は15g、糖質は9g含まれる計算です。計算をすると300mlのビールのカロリーは141kcalほどになります。

お酒を飲む場合、必ず水と一緒に飲みましょう。アルコールの利尿作用をスムーズにさせるためです。人の体の60%は水です。この60%という割合は常に保たれる仕組みです。

お酒を飲んでもトイレに行かない人は要注意です。なぜならあなたの体は水が少ない状態なのですから。水が体に少ないため、アルコールによる利尿作用で体の外に水を出そうとはしません。60%を死守しなければなりませんので、水を出そうとするなら、水が同じ量入って来なければなりません。

お酒を飲む前に水を飲んでおくか、お酒と共に水も一緒に飲むようにして体の水を一定に保ちながら楽しみましょう。お酒の楽しみ方を知っているお店では、アルコール共に必ずも提供されます。お酒と水はワンセット、これからのお酒の楽しみ方として新しい習慣としてみましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中