1182母子にこそ正しい知識を

<a href=”http://sukoyaka21.jp/kenkou-award2017&#8243; >健康寿命を伸ばそうアワード<母子保健分野></a>

厚生労働省では、平成27年度より開始した「健やか親子21(第2次)」において、すべての子どもが健やかに育つ社会の実現を目指し、取組を推進しています。平成27年度より「健康寿命をのばそう!アワード」に「母子保健分野」が創設されました。
本分野では、母子の幸せで健康な暮らしを支援するための健康増進を目的とする優れた取組を行っている企業、団体、自治体を表彰し、これを広く国民に周知することにより、あらゆる世代の健やかな暮らしを支える良好な社会環境の構築を推進することを目的とします。(健やか親子21〈第2次〉ホームページより)

健康寿命というと、高齢者という先入観が働いてしまいます。高齢者はもちろんですが、世代を繋げる女性や子供の健康寿命もとても大切です。未来を担う人たちへの支援や仕組みづくり等を共有するこのアワード、地域包括ケアの母子保健版といったところでしょうか。

健康に生活するためには、知識が必要です。正しい知識が無ければ継続しません。言われたことやるのではなく、こういう事に気を付ければいいのだから、こういうやり方でも良いよね、私はそのやり方の方が取り入れやすい、など目的達成へのアプローチに幅ができるのは正しい知識があるからです。

子供の食事について、やはり欧米化しているために栄養バランスが崩れています。また、栄養を摂るというよりもお腹を満たす、幸せを感じるなど満足感を得るという目的に食事は変わりました。栄養イコールカロリー、お腹を満たしていれば栄養も摂れているだろうという感覚があるようにも感じます。

健康と食事は強い関わりがあります。子供の健康は親の愛情が作ります。母子への健やかに生活できる環境づくりに社会全体が協力する仕組みへとこの取り組みが繋がるようにしたいですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中