1183ベースが肝心

昨日は「処暑」暑さが落ち着くころ、「暑さ寒さも彼岸まで」、本来は朝晩に涼しさを感じる初秋という季節なのですが、暑さが戻ってきました。

天気予報を見ると必ず熱中症予報も伝えられているにも関わらず、熱中症になる人が増えます。そこで、私は一つの仮説を立ててみようと思いました。

仮説「そもそも熱中症を予防できるだけの栄養が足りないのではないか」

こまめな水分補給、日陰を選び日傘をさして体を冷やしすぎないようにしていても、暑さという環境に適応できる体が用意されていないのではないかと考えます。

体が作られていない場合、病気の流行りに乗ってしまいます。インフルエンザ、花粉症、熱中症、夏バテ、季節の変わり目の体調不良などなど。

ダイエットとは栄養を整えることが本来の目的です。健康な体づくりがダイエットの本質です。多少の寒暖差くらいへっちゃらな体を目指しましょう。

地球環境が大きく変化しつつある今、想定外の環境変化にも耐えうる体の強さを作っておきましょう。健康第一でいつも笑って過ごしたいですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中