1191健康は行動する人が受け取れる

NHK出版 日本健康マスター検定 公式テキストより
日本健康マスター検定 公式テキスト

 その8ページ下段にある『健康』とは何か?」を紹介します。

「WHO(世界保健機関)は、健康とは「身体的にも、精神的にも、そして社会的※にも、すべてが良好な状態であること」と定義しています。つまり、体や心、自分を取り巻く環境すべてが健やかで、バランスがとれていて初めて健康と言えるのです。

※「社会的な健康」とは、家族、地域社会、職場に豊かな人間関係があり、経済的な安心、物質的に満たされ、時間的な余裕も感じられる生活を指す。」

ここで強調したいのが、「社会的な健康」です。※に詳しく解説されていますが、端的には「仲間」「お金」「モノ」「時間」の4つが揃って初めて社会的な健康を手に入れたと言えるのだ。とこの本では伝えています。そうだとすると、今の日本人のどのくらいの人が社会的な健康を手に入れているのでしょうか。少なくとも私は手に入れられていません。どれも不足していると感じています。私はこの本の8ページにしてすでに健康ではない、と言われてしまいました。手強いテキストです。

健康というものを掘り下げていくと、ただ自分の体の状態を健やかにするだけではないということです。人との付き合い、お金との付き合い、モノとの付き合い、そして時間との付き合い。これらとの付き合いをバランスよく取っていかなければ本当の意味での健康にはたどり着けないというわけです。

付き合い方を上達させるにはどうすればよいでしょうか。行動です。動いて経験しなければ何も始まりません。経験を積む、これしかないと思います。

この本は健康という概念や日本人の現状に始まり食生活、タバコやお酒などの嗜好について、運動や睡眠、健診、高齢者、女性、口、感染症、保険制度、啓発という構成で幅広い分野をカバーしており、健康に関する公式テキストとなっています。

この日本健康マスター検定に合格すれば、ひとまずは健康に関する情報は一定レベルあると判断されます。健康に関心がある方は、受験にかかわらず読まれるとよいと思います。とある企業では、社員全員の受験が命じられているそうです。健康を手に入れるためには行動あるのみですよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中