1199占いは答え合わせ

今日9月9日は「世界占いの日」です。日本占術協会が1999年に制定しました。
この日が「重陽の節句」であること、ノストラダムスの終末の予言の日は1999年9月9日とされていたこと、制定した1999年9月9日の数字を全部合計すると46で、46の2つの数を足せば10になり完成を物語る数であること、明治4年9月9日に時間の数え方を西洋式に改めたこと、この日が「救急の日」で占いは運命の救急であるとのことから、だそうです。

 占いと健康、で検索すると色々出てきますね。私は占いはほとんど見ないのでわからなかったのですが、いくつか占いを見て見ました。

 普通は占いは未来を見るものですが、ヤフー占いで過去について見てみました。すると自分の経験してきたことと、占いに書いてあることがとてもよく似ていました。つまり、占いの通りのことが起きていました。先月は好調でしたし、先々月は対人関係は行動すれば吉と占いにあった通りで、行動したので色々出会いがありましたし、占いに近い過去を経験していました。

 過去が似ていたので、未来も見てみました。なんとなく予定していたことに近いことが占いでも述べられていました。ああ、自分の近未来はこんな風になるんだなぁと何と無く想像できました。しかし、半分当たっていても残りの半分はもっとなりたい自分をイメージして未来を変えていきたいとも思いました。セルフイメージのトレーニングができると考えれば、占いも取り入れておくことは悪くないと思いました。気にしすぎると占いの通りのことしか起きないので注意しなきゃですが。

 健康を占いで頼るのは、怪我をしやすいとか事故に起きやすいという外部環境的な要素を確認する程度が良いでしょう。病気しやすいとか風邪ひきやすいなど病に関することは見逃す感覚が必要です。病は気から、脳でイメージしたことはほぼ起こってしまいます。気にしすぎないようにしましょう。占いはあくまでも一般論、あなたのことが書いてあるわけではない、と参考程度にして重く受け止めないようにするのが肝心ですね。

 色々な占いを見て、都合の良いもの、そのようになってほしいことだけを覚えて脳にインプットしていきましょう。脳にインプットできればその出来事は起きやすくなります。ここで注意が必要ですが、出来事を起こすには行動することです。一歩を踏み出すことであなたの未来は変わります。9月9日は菊の節句、重陽の節句と呼ばれ長寿を願う日でもあります。今日一日健康について改めて考えるのも良いかもしれませんね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中