1204本質は何か

味の素 がんに対する意識調査

がんは怖いですか?糖尿病は怖いですか?高血圧症は怖いですか?胃潰瘍は怖いですか?

いずれも病院や診療所で問診や検査を受け、診断され必要なら薬を服用します。さらに早期に対処すれば治るものが多いです。

掲載した記事によると、がん検査は費用面が最大のネックなようです。いくらなら受けるかという具体的な金額は有りませんが、4〜5,000円が妥当だと答えるような気がします。

がんは特に怖く有りません。ただ正常な細胞より増殖力が強いだけです。がん細胞は常に生まれその都度体の免疫力で退治してくれています。発生と抑制のバランスが崩れ、崩れた状態が続くとがんというものになります。厄介なのは、がん細胞は見つけづらいということです。

見つけづらいものを見つけようとするので、研究開発にかかる費用はかさみます。その分の費用は製品に乗ります。検査試薬、判定機器、検査精度、人件費などを含めるため、がんの検査には2万円ほどかかります。この金額と将来がんになった時の負の計算を比べても検査する価値があると判断した方が受けるということです。

がん細胞は細胞分裂の早い若い方はすぐに増えます。がんの検査を受けた半年後にがんが見つかることもあります。人によっては1年に1回の検査では不十分なのです。

健康に投資することもセルフメディケーションには必要なことです。投資的な考えは日本人には浸透していないため、セルフメディケーションが進まないと思っています。今のあなたに必要か、ではなく将来の望むあなたになるために今何が必要か、を判断基準にされると良いと思います。目先のことばかりに囚われていれば、本質を見誤ることになります。本質を見ましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中