1226やればいいのに

今日10月6日は、「役所改革の日」です。1969(昭和44)年のこの日、千葉県松戸市役所に「すぐやる課」ができました。

当時の松本清市長の発案で設置され、「すぐやらなければならないもので、すぐやり得るものは、すぐにやります」をモットーに、役所の縦割り行政では対応できない仕事に、すぐ出動してすぐに処理をし、市民の好評を得ました。

この松本清さんはドラッグストア「マツモトキヨシ」の創業者です。

<a href=”http://www.city.matsudo.chiba.jp/shisei/organization/sougouseisakubu/suguyaruka.html&#8221; >松戸市役所 すぐやる課</a>

すぐやる課、ある時期ニュースに大きく取り上げられ話題になりました。そして今もそのままの名称で機能し続けています。続いていることに敬意を評します。

すぐやる、という意識はとても大切です。「すぐ」というのは「3秒」です、3秒でやるかやらないかを決める、それ以上時間が経ったらほぼやりません。やらない理由ばかりを考えるからです。これが実現できたらすごいことになるかも、というような脳を持っている人は少ないです。失敗したらどうしよう、損したら嫌だな、といったネガティヴな思いばかり思いつく人が多いです。結果やらない。

やらないという選択をしたならば、スッキリ忘れれば良いのに、ずっとその判断を気にする人がいます。気にするならやればいいのに、と思うのですがやりませんね。過去思考に縛られてしまっています。

すぐやる課はすぐやるので、考える時間と労力が省かれその分早く物事を進めることができます。物事が進むので、その過程で微修正などが同時に行われ、ノウハウも蓄積されとても効率的な資源の使い方です。

迷ったらまずやってみましょう。頭で考えても何も起きません、やらないと失敗はないですが、成功は100%ないです。やってみましょう、「やる」を選択するだけです。

You Tubeでも同じような動画が投稿されています。それは「5秒」で決まる、と伝えています。キャラクターが印象的なので一度見てみると良いですね。

今日の実践

今日から1週間、迷ったら「やる」方を選択し続ける。どんな事に迷いが発生し、やる事によって何を気づいたか、ノートに1週間書いてみる。

パソコンやスマートフォンに打ち込むのではなく、ノートに書いて下さい。ノートに書くことで思考力や発想力が鍛えられます。

#やるを選択

#3秒

#5秒

#松戸

#千葉

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中