1240少しは未来を見てみよう

<a href=”http://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2017/006850.php&#8221; >心脳血管疾患に注意 糖尿病合併症</a>

後悔先に立たず、覆水盆に返らず、です。知らないというのは恐ろしいことだという例です。

糖尿病患者さんの服薬状況は、良くありません。開始半年で約半分の方が薬を使用しなくなります。なぜか、それは今しか見てないからです。今は何も自覚症状がないから大丈夫だと思ってしまい、薬をやめる(離脱)してしまいます。

血糖値が高いことは、それ自体に病名がついているわけではありません、高血糖は病名ではありません。高血糖が長期間続いた時、血管が詰まることで狭心症や脳卒中、網膜症などの病名がつくのです。認知症も糖尿病と関連があることが分かってきています。

自覚症状が出てからでは手遅れです。そう、手遅れなのです。今まで食べていたものが食べられず、あなた専用の食事が用意され、好きな飲み物も飲めず何となく冷えを感じる。外出はできるが、旅行も制限されてしまいます。体力が落ちますから。何年続くかわからないこのような生活、想像するだけで面白くない人生です。

生活習慣病はそれ自体に危険が伴うわけではありません。その異常な状態が続くことによる疾患が問題です。このままだとあなたはいずれ死のリスクが高まりますよ、というのが生活習慣病です。黄色信号の時のあなたの判断があなたの人生を決めるのです。

喫煙もそうです。喫煙は依存症なので病気と言えるかもしれません。わざわざ口の中を汚して不健康へのレールを敷いているようなものです。それで痩せたいとか美味しいものを食べたいとか言われても…困りますね。

少し将来を考えてみるだけでわかることが多いです。10月20日は「ソフト化の日」です。広く柔軟な発想をして自分の未来を想像してみましょう。一度の人生、ワクワクして過ごしたいですね。

#世界的課題

#インシュリン

#あなた次第

#知っていると理解するは違う

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中