1258日本は世の中に取り残されるのか

AIに関するニュース3つ。

<a href=”http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/042501265/?rt=nocnt&#8221; >Amazon 無人自動車</a>

<a href=”https://www.technologyreview.jp/s/18390/ubers-robotic-taxis-are-headed-to-san-francisco/&#8221; >uber 無人タクシー</a>

<a href=”http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000113954.html?r=rss2&n=20171107021309&#8243; >ソフトバンク 太陽光発電</a>

数年後、車が空を飛ぶ。というニュースが流れても、いまなら「へー」と聞き流せる世の中です。現実として受け止められるくらいのテクノロジーを人類は手に入れています。

テクノロジーの進歩は休みがありません。24時間365日進んでいます。あなたが寝ていようが、スマホゲームに課金するか悩んでいようが、デートをしていようが進みます。しかし、進んでいるというニュースは、日本発信ではなく海外からです。

日本は「学ぶ」文化です。学ぶことは「真似る」ことから始まります。パイオニアが存在することで真似ることができ、学ぶこともできるのです。また、日本ではパイオニアになろうと思っても、なれない事情もあります。

それは「法規制」です。テクノロジーの進歩に法律が追いついていないのです。そのためドローンが国会議事堂で飛び、慌てて法整備したため現在はドローンの開発を日本では非常にやりづらく、アメリカなどで実験しています。

また、ソフトバンクの孫氏のように、利権を守るために新規参入を、拒むこともあるようですね。このようなニュースが出ることは、果たして資本主義なのでしょうか、と、疑問に思ってしまいます。

スマホ1台でなんでも手に入る時代です。常に世界中を意識して行動していかなければなりません。日本の製薬メーカーの中間決算が発表されましたが、海外事業の好調さで利益を保っています。日本国内は依然として厳しいのです。小泉進次郎氏の言う「2020年を過ぎると見たくない現実に直面する」は本当に起きそうです。

未来は見えません。が、仮説(予測)を立てることはできます。これからは個の時代です。誰と出会い何と出会い、何を選ぶか。もっと一瞬に意識をして過ごして行きたいですね。

#周りが歩いていたら自分は走ろう

#日本のITは遅れている

#数年後の日本の失業率が心配

#真の資本主義社会へ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中