1272挨拶くらい気持ちよくやろう

今日11月21日は「世界ハロー・デー(World Hello Day)」です。1973年の秋、エジプトとイスラエルが紛争の危機(第四次中東戦争)となったことをきっかけに制定。10人の人にあいさつをすることで、世界の指導者たちに「紛争よりも対話を」とのメッセージを伝えるという日です。昨年もこの日を紹介したような記憶があります。

 仕事で名刺交換をする機会が多いのですが、名刺交換をするというのは初対面だということです。初対面なので、一挙手一投足がその人の印象を強くつける所作です。この時に発する声が、私はポイントだと思います。ポイントというのは相手に好印象を与えるという意味です。

 声には想いを乗せることができます。声の高低や速さだけでもある程度のことが伝わります。そこに目や想いを乗せると同じ「よろしくお願いします」でもバラエティに富んだ挨拶になります。私は心から(今日はお会いできて嬉しい)と思いながら相手の目の奥を覗くように挨拶します。相手からの挨拶は、様々ですね。意外に目を見てくれずに名刺に向かって挨拶する人が結構います。

 新入社員の研修では必ず挨拶訓練をするのではないでしょうか。その時は恥ずかしいくらいに大きな声で叫ぶ挨拶をしたと思います。宿泊施設ですれ違う人全員にむかて会釈や挨拶をしなさい、と指導される会社もあるでしょう。そのような時でさえ、想いを乗せた挨拶をしていると挨拶をされた人はあなたの思いを受け取って、立ち止まることでしょう。そして相手にあなたのことを印象付けることもできます。

 一日一善という言葉があります。何か良いことをしてあげなければならない、とプレッシャーに感じるのではなく、気持ちを込めた挨拶をする、だけでも十分良いことをしていることになります。気持ちのいい挨拶は相手も気持ちよくさせます。気持ちをよくすることは一膳ではないでしょうか。

 笑うことが健康につながる、とも言います。笑わせるのではなく笑顔にさせる。気持ちの良い挨拶が相手を笑顔にさせる確率が高いのではないでしょうか。子供が元気に笑顔で挨拶されたら、あなたもついつられて笑顔になるでしょう。大人の挨拶でも笑顔になってしまうものです。

 笑顔は顔の筋肉を色々と使います。笑顔が多いと顔の筋肉がほぐれ血行が良くなり、顔の肌の状態も良くなります。挨拶に笑顔を添えて良い1日を過ごしましょう。

#笑うことは難しくない#笑いはエネルギーを蓄える#怒りはエネルギーを消費する#通勤ラッシュに笑顔の人は学生ばかり#サラリーマンは笑っているか#挨拶運動ってなんなんだ#挨拶は世界共通の初対面での最初の言葉#自然と挨拶ができる人になろう

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中