1279動けないのは自分のせい

保健指導リソースガイド記事より

<a href=”http://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2017/006930.php&#8221; >スマホアプリを用いることで血糖コントロールが有意に改善</a>

糖尿病は、服薬コンプライアンスが低下しやすい疾病です。毎日正しい量を正しいタイミングで服薬している人は、服薬開始後6ヶ月で約半分です。半数の人しか服薬を継続できていません。それは何故でしょうか。

簡単です、実感がないからです。痛くも痒くもなく、普通に生活が送れてしまいます。無自覚無症状なので、自分マネジメント力が糖尿病治療には必要なスキルです。そもそも、自分マネジメントが出来ていれば、糖尿病(2型)にはならないですけど。

そのため、今日紹介した記事は「介入」したため、有意差が出る研究報告が出来るのです。人は人と関わらないと変わることができません。関わり続けないと、人は変わることは難しい生き物です。

病院で処方箋をもらい、薬局で薬を買います。薬剤師から薬の説明を受けると思いますが、それをありがたいと思っている人はどのくらいいるでしょうか?むしろ説明はいらないから早く渡してほしい、と思われていますでしょうか。

薬剤師との関わりは薬を渡されらる数分間のみ。次の診察まで会うことも会話することもありません。そのような薬剤師を「かかりつけ薬剤師」としてあなたは頼りたいですか?

かかりつけ薬剤師制度が昨年から始まっています。よりあなたの薬や体のことについて詳しく知り、適切なアドバイスや副作用情報等を提供してくれます。特に副作用情報については、服薬開始後数日中に副作用の有無の確認電話等がくることもあります。

実感後ないから、見えないから大丈夫という価値観では健康度は低下し続けていきます。糖尿病の末路は体ボロボロでも死にません。手足の先が腐敗し、失明し、人工透析を行い、食べたいものも飲みたいものも摂ることが出来ず、介助が必要な生活を何年も過ごすことになります。糖尿病の未来は決まっています。あなたはそんな未来を約束したいでしょうか?

泥を見るか星を見るか。私は星を見る人生を切り開きたいですね。

#星を見続けよう#想像力を働かせよう#どんな未来と約束するか#自分の物差しを更新しよう#並走ではなく半歩前を走ろう#あなたの時間軸を長くしてみよう

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中