1280なんでも健康へ繋げる

ヘルプレ記事より

<a href=”http://healthpress.jp/2017/11/post-3362.html&#8221; >エコノミークラス症候群などを防ぐ「貧乏ゆすり(ジグリング)」の驚異的な効用</a>

貧乏ゆすりがエコノミー症候群に有効である、というニュースは聞いたことがありますが、その根拠を見たのは初めてです。

立ち上がることが出来ない環境下において、ただじっと座っているよりは貧乏ゆすりをしていた方が良いですね、という捉え方をした方が良いです。そのように記事にも書かれています。

ジグリングという体操があるそうですが、通称名が「貧乏ゆすり体操」。もっスマートな名称にして、誰もがやりたがるイメージを持たせないとリハビリの領域から出られないでしょう。そして、センスのいい人に同じような体操で市場が開かれて行くと思います。

貧乏ゆすりはペン回しや喫煙と同じでルーチン化しています。いつも同じ足で同じリズムです。たまには逆の足でやってみよう、とはなりません。意識した貧乏ゆすりはこの記事のような効果をもたらしやすいと考えます。

記事には触れられていませんが、貧乏ゆすりをする被験者は意識して貧乏ゆすりを行なっていたと思いまさ。意識することで貧乏ゆすりが効率的に体に良い効果を生んだと思います。

ただの貧乏ゆすりは周囲をイラッとさせるので、やめた方がいいですね。これからは貧乏ゆすりをする時、「健康のためにやってるからね」など一言添えるとあなたの印象が変わるかもしれません。

#隣でやられるのは勘弁#ゆすりもたかりもマジ勘弁#ネーミングが悪い貧乏ゆすり#貧困増えてくこれからの日本#

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中