1288髪にも気を配ろう

ヘアラボ記事より

<a href=”https://hagelabo.jp/articles/6908&#8243; >髪の毛に静電気が起こる原因と対策方法!【放っておくと抜け毛になる……?】</a>

すっかり冬らしくなりましたが、風邪や胃腸炎など体調を崩されたりしていないでしょうか。体調を崩すのは、環境への対応が少し遅れているためです。気合いでは対応しきれません、無理すれば長引くことに繋がります。

夏は気温や湿度が高いため、その環境下で活発なウイルスや菌と戦い、冬は逆に温度も湿度も低い環境下で活発なウイルスや菌と戦わなければなりません。体の中もそうですが、髪も同じく環境に適した対処をしなければなりません。そして、髪はコンディションが目に見えてしまいます。人の印象は見た目で決まります。髪のケアはみなさんが常に気になる体の一部です。

髪にとっての冬の時期の悩みは、乾燥です。乾燥で髪同士が擦れ合うと、そこに静電気が発生し、さらに髪の状態が悪くなってしまいます。静電気の原因の乾燥を防ごうと、アウトバストリートメントの使用を提案しているのが、今日の記事です。

髪にとってのこの時期の乾燥は大敵です。いくら部屋の湿度を気にしても、必ず極度な乾燥状態に髪を晒す機会があります。それはドライヤーです。

ドライヤーで髪を乾かさなければ、髪の水分に空気中の誇りや菌が髪に付着します。そのままほって置くとニオイの原因にもなります。そのような髪にヘアクリームやワックスを付けると、あまり想像したくないですね。ドライヤーを使うことは必要です。

ドライヤーは価格がピンキリになっています。千円程度から5万円近くまで幅広いです。乾きが早いとかイオンが飛ぶとか、様々です。数多あるドライヤー中で、静電気の発生を抑えるものがあれば嬉しいですね。髪同士が電気を帯びて広がっている状態を解き、まとまりのある髪へ戻してくれます。

内側からのケアも同時にしたいですね。髪は殆どがタンパク質でできています。そして髪へのタンパク質供給は体の主要な臓器へ行った後に行われます。つまりタンパク質をしっかり必要量を補っていなければ髪にタンパク質を供給されないのです。

植物性タンパク質を摂取する事が大切です。理想の体重÷1000が1日に必要なタンパク質量です。50kgなら50gです。

今年の冬は理想的な髪を手に入れるために、少し努力してみましょう。

#冬の髪には静電気が大敵#ドライヤーの風にも注意#ステキな髪になりたい#サロンのドライヤーはどんなものか聞いてみよう#髪がステキだと好印象

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中