1310血糖値測定に針不要?!

iPhone Mania記事より
Apple Watchの針を使わない血糖値測定機能、実現は「数年先」?

 AppleがApple Watchで実現するヘルスケアに注目が集まっています。記事にもあるように実際に人命を救った例がApple Watchにはあります。針を使わずに血糖値を測定できる機能を開発しているようです。
 
 この機能が実現した世界を想像してみましょう。ただ腕時計をしているだけで、義務のように測定しなければならない血糖値が勝手に測定される、針を買う必要も指に刺す必要も血を見る必要もない、測定器も不要。そして何より自分の血糖値を高頻度で確認できることがすごいです。

 血糖値測定器本体は12,500円程(テルモメディセーフフィットMS-FKS01、楽天市場)、採血用の針30本入り600円程度(Amazon)、チップ(血液を乗せるもの)30個入り3,240円程度(テルモHP)なので、1日1回測定で、100日間で価格費用は21,460円です。血糖値は食前と食後の2回は測りたいので、1日2回だと34,420円です、これに200回分の清浄綿費用が加わります。Apple Watchは4万円ほどですので血糖値管理にApple Watchは大きく貢献できるのではないでしょうか。

 血糖値を知ることは、健康を維持するためには絶対条件となります。世界的に問題になっている病気の一つに糖尿病があり、着実に患者が増えています。日本人の10人に1人は糖尿病もしくは糖尿病予備軍であると言われています。健康診断でしか測る機会のない血糖値、腕時計をするだけて測定できるのはとてもワクワクします。

 イノベーションは他分野から起こります。専門分野では発想の自由度があまりなく、他分野の方の方が自由な発想と行動力で新しいイノベーションを起こすのです。できる・できないではなく、欲しいか・欲しくないか、あったら良いか・嬉しいか、必要だと思うか、で行動できる人が実現させるのです。できる・できないでは、携帯電話は生まれていなかったことでしょう。

 日本では電子お薬手帳など医療のICT化を推進しています。もしApple Watchがバイタル記録を電子お薬手帳へつなぐ世界になるとしたら・・・。

 テクノロジーの進歩がセルフメディケーションのあり方も変えてしまうかもしれませんね。

#血糖値測定は面倒#食前血糖値#食後2時間血糖値#血糖スパーク#インシュリン#肝臓#膵臓#人工透析#4億人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中