1312体重計に乗る所から

東洋経済オンライン記事より
「正月太り」を早めにリセットする3つのコツ

 今月から来月にかけて、体重増になりやすい環境月です。特に家の中に居がちな年末年始は気をつけたい所ですね。東洋経済オンラインでは、体重マネジメントのコツとコンビニメニューでもできる体重マネジメントメニューの紹介をしています。

 この記事のような対応策は、基本的な体重マネジメント方法です。1日単位ではなく1週間の総カロリー、その日に取りすぎたカロリーは翌日、翌々日の2日間でカロリーオフする。この繰り返しで体重の増減をマネジメントします。そのためには毎日体重計に乗る必要があります。まずは事実を知る所からです。

 つまり、体重マネジメントでは、何を食べても良いのです。肝はカロリーです。カロリー表示は、参考程度で把握します。パッケージやメニューに表記されているカロリー量と、実際にヒトに入るカロリー量には相違があります。食生活は急激には変わらないと思いますので、経験則でカロリー計算をしましょう。

 ヒトの歴史は飢餓との戦いの歴史です。食べない、という行為はとても難しい行動です。体重を落としたい場合、明確な目的を持って行うことが必要です。過去完了形で体重減少に挑戦しましょう。もちろん、栄養バランスを整えることが大前提です。単純に今まで食べていた内容で量だけ減らした食事では、リバウンドしてしまいます。この辺りが体重マネジメントの難しい所です。

 何事も知る所から始まります。自分の体重、食事のカロリー、栄養等、知って意識して行動を変え習慣化する。体重マネジメントのみならず、どんなこともこれらの流れに則ります。明日から新しい年が始まります。元旦から取り組めるように、今日計画を立ててみましょう。365日を目一杯使うために。

#大晦日#ニューイヤーイブ#ダイエット#体重マネジメント#痩せたい#太りたくない#カロリー減#日本酒よりワイン

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中