1325ファイトケミカルスがオプティマルヘルスへ繋がる

保健指導リソースガイド記事より

<a href=”http://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2018/007029.php&#8221; >緑色の葉物野菜を毎日食べると認知能力の衰えを抑えられる</a>

野菜の抗酸化作用はすなわち、「ファイトケミカルス」です。ファイトケミカルスは研究が進んできており、やはり抗酸化作用が人の健康には不可欠であることが分かっています。

野菜を普通に食べているだけでは、ファイトケミカルスは摂れません。ファイトケミカルスは野菜や果物の皮や芯、種に多く含んでいるためです。そのためこの記事で紹介している研究は、緑葉野菜になるのです。緑葉野菜なら丸ごと食べられますからね。

10年くらい前に玉ねぎが血液をサラサラにするとテレビなどで紹介されて、ブームになりました。その時の玉ねぎは、「皮」に血液サラサラ成分があります。普段食べない部分ですので、健康食品として販売されています。野菜ジュースでもファイトケミカルスは摂れません。皮や芯などは取り除いてから加工しています。野菜ジュースはジュースですので、それを飲んだからと言って野菜を食べたことにはなりません。

ファイトケミカルスを取り入れるには、野菜や果物を丸ごと食べる必要があります。丸ごと食べることでエイジングケアができます。酸化を促す活性酸素は何種類もあります。したがって緑葉野菜だけでは十分ではありません。緑以外にも白、赤、黄、紫色が必要です。野菜と果物は5色を意識して丸ごと食べましょう。丸ごと食べられなければ、サプリメントという手段もあります。

健康には「抗酸化」が必須です。酸化を遅くさせるために行動を起こすことが最善の健康を手に入れることができるでしょう。今年も抗酸化が流行るでしょう。

#ファイトケミカルス#5色#りんごを切ると酸化で茶色く変色#アンチエイジング#植物の力

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中