1329 24時間血糖値測定

保健指導リソースガイド記事より
糖尿病3分間ラーニング、いま話題の〈血糖トレンド編〉公開

 世界に4億人いる糖尿病患者、日本では300万人以上が糖尿病と診断され治療を受けています。ただ、糖尿病を強く疑われる人は日本に1,000万人いると推定されています。隠れ糖尿病が1,000万人もいるわけです。

 血糖値も研究が進むにつれてトレンドが変わっていきます。空腹時血糖値、食後血糖値、HbA1cなどの血糖値から糖尿病の診断を行います。しかし、現在は血糖値スパークのように血糖値の変動の大きさが合併症を引き起こす原因として注目され、血糖値スパークの見える化が血糖値測定の今、です。

 血圧も日内変動が大きいために、何回も測定したり機器を24時間取り付けて血圧の24時間測定が行われます。血糖値も日内変動が大きいため、24時間測定が糖尿病合併症の予防に広がることでしょう。記事にある動画をみると、血糖値を24時間測定する機器にも短所があるので、合わせてこれまでのような血糖値測定も行わなければならないようです。

 血圧も血糖値も24時間測定がスタンダードになると、人はますます死なないようになります。フォーブスでは2045年に人間は死なないようになると予測しています。AI技術の進歩によるものです。あらゆる人間の技術がAIに取って代わることで寿命が伸びます。日本でも人生100年時代関連の本がすでに販売されています。

 医療はある意味監視です。体のあらゆる測定値を医療は保有し、死なないために処置や指導を行う。少し怖い表現ですが、本質です。健康な人も健康であることを証明するために年に1回は健康診断を受けます。医療情報は個人情報保護法では要配慮個人情報として厳重に取り扱わなければなりません。一方で、地域医療情報連携を国は推進し、地域住民の医療データを近隣の医療機関で閲覧等利用して適切な医療の提供を行う環境を整えています。

 健康とは何か、医療とは何か、一人一人がこれらの定義をして自分自身の治療方針を決めておく必要があるかもしれません。すでに日本は自助社会ですから。

#バイタルデータ#DM#減塩#三代合併症#失明の最大要因#血管系疾患#血糖コントロール#血糖値が高いことは自慢にならない

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中