1335非常時の時のために

保健指導リソースガイド記事より

<a href=”http://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2018/007046.php&#8221; >災害時の栄養バランスを考える「大震災を生き抜くための食事学」(第23回日本災害医学会ランチョンセミナー)</a>

普段から食事について、考えながら摂っている場合、災害時という自分ではどうしようもない状況における食事は、大きな問題です。

食べたもので体は作られます。毎日どこかの細胞が死に、新しく生まれた細胞に置き換わります。3ヶ月くらいで新しい組織に生まれ変わっていきます。何を食べるか、というのはあなたの体をどう作るか、ということに直結します。つまり、どんな材料で体を作るか。

災害時で一番気にしなければならない栄養素はビタミンやミネラルです。体では作られない、食べ物からでしか補給できない栄養素をどのように体に取り入れるか、なかなかの難儀です。

ビタミンCやB群のような水溶性成分は、体の中に貯める事ができないので、その都度必要な量がなければなりません。毎日補給しなければならないのです。

このような食事がままならない状況下でも、栄養バランスに気を使わなくてもいいようにしておくことも、セルフメディケーションの取り組みの一つです。その解決策の一つにサプリメントがあります。

サプリメントは高栄養ですが、低カロリーです。しかもどれだけの量かも明確に把握できます。おにぎりとカップ麺、フルーツとお茶。これだけでは栄養バランスがわるいので、これにマルチビタミンとマルチミネラルを加えるとそれなりに栄養バランスのとれた状態になります。その結果、エネルギーが出ていつもの生活に戻すための活動ができるようになります。大きな目的のために、小さな取り組みを加えてみる。そんな提案です。

ビタミンやミネラルが不足すると、精神的にも不安定になりやすいです。普段の体の作り方をもう一度見直してもいいかもしれませんね。

#ベースサプリメント#材料にこだわる#目的をはっきりと#栄養バランス#6角形#習慣化

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中