1343入り口マネジメント

保健指導リソースガイド記事より

<a href=”http://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2018/007075.php&#8221; >野菜から食べて30回噛む~長野市「ベジライフ宣言」で生活習慣病予防</a>

覚えやすく分かりやすい、ハミングのようにリズミカルな音。多くの人に広く知ってもらうためには、コピーライトが欠かせません。長野市の「ハッピーかみんぐ1・2・30」はこれらの要素に合致して、何をすれば良いかも同時に連想されとても良いコピーです。

「1」はまず野菜から食べよう、これは「2」のげんこつ2つ分の野菜と連動しています。げんこつ2つ分の野菜を最初に食べる、野菜に含まれる食物繊維をしっかり体の中に入れておくことで、血糖値の急上昇を抑えることを期待します。

「30」は、一口あたり30回の咀嚼と、食後30分の運動を表しています。一口あたり30回の咀嚼、回数を数えながら食べると、味が分かりづらくなります。また、噛むことが優先になるため、食事そのものを楽しむことが出来にくくなります。そのため、普段何回咀嚼しているかを簡単にリサーチして、あと何回咀嚼すれば30回になるかを逆算すると良いでしょう。今までよりも10回咀嚼しよう、とすれば難なく続けられそうです。

30分後の運動は、散歩をすれば良いです。15分程度の散歩をしたいところです。

長野市の「ハッピーかみんぐ1・2・30」、中身を見るだけでも今までの食習慣を変えることを要求されるのではないでしょうか。そして、健康になりそう、とも思える内容です。また、あまり難しく無い、何とかやれそう。インパクトや難易度、達成感の得易さなど、この長野市の企画はとても良くできています。

セルフメディケーションも、自分自身への企画です。良い企画を描き自分自身への健康維持のための企画書を作成し実行しましょう。企画書を友達に見せて実行しているかのチェックをしてもらっても良いですね。

#企画という視点で物事を捉える#世の中企画で回っている#企画が必須な現代#セルフメディケーション#長寿#健康年齢#生活習慣病#血糖値コントロール

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中