1353 睡眠で健康は崩れる

睡眠と認知症予防について
睡眠と認知症予防

 睡眠は大切と言われますが、本当に大切です。なぜなら脳の状態に直接影響を与えるからです。睡眠は時間も必要ですが、質が大切です。お酒を飲んでいなくても、ボーとしたり耐え難い眠気があるときは注意が必要です。場合によっては診察を受けることを勧めます。

 睡眠不足は生活習慣病の一つ、肥満になりやすくなります。肥満になると内臓に負荷がかかり、さらに他の生活習慣病にかかりやすくなります。糖尿病になると、食生活を変えなければ失明や手指の壊疽、腎不全等の合併症を引き起こします。睡眠の質が悪いがために健康に人生を送ることを阻まれてしまうのです。

 睡眠の質は、あらゆる因子によって決定されます。睡眠の質と生活の充実度は関係します。睡眠を考えるとき、あなたの生活を見直すきっかけにもなるでしょう。WHOの健康の定義からも読み取れます。

 昨日から冬季五輪が始まりました。徹夜で見る人もいるでしょう。その日の睡眠不足をどこで補うか、睡眠マネジメントも共にしてオリンピックを楽しみましょう。

#認知症予防#睡眠不足#睡眠の質#糖尿病#睡眠時無呼吸症候群#ぼーっとする#脳を休める#ノンレム睡眠

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中