1362 情報を行動変容へつなげる

一般社団法人日本生活習慣病予防協会より

<a href=”http://www.seikatsusyukanbyo.com/monthly/syosyoku/seminar/2018/report.php&#8221; >「生活習慣病」と「がん」その予防に共通するキーワードは?</a>

2月は全国生活習慣病予防月間です。「一無、二少、三多」、このブログでもなんども取り上げていますが、実践するのは難しいですよね。結局、これまでの染み付いた習慣に流されて三日坊主に終わるパターンへ行き着きます。

がんについてのお話の中に、がんの原因は肉食、野菜で食道がん・胃がんを減らす、とあります。肉は動物性たんぱく質と動物性脂質が豊富です。日本人はたんぱく質というとまず、肉を食べようとします。

野菜は植物性です。野菜を食べると食道がんや胃がんを減らすことができるそうです。動物性の肉と植物性の野菜、減らすものと多く摂るものが明記され、このことは、昔の家庭の食卓では当たり前の事でした。当たり前ではなくなったので、改めて注意喚起がなされています。和食の無形文化遺産登録はそのためなのでしょう。

今読んでいる本は、この習慣についてとても詳しく教えてくれています。習慣の前の思考についても詳細に分析され、どのような思考であるべきかまで書かれています。読み終えたら紹介しようと思います。

今回のイベント報告からどんなことを学び取り、行動変容を起こすか。自分自身に期待しながら読み進めてみましょう。

#考えること#思考#行動を変える#自分を変える#情報は素材#まずは受け入れる#メタボ#生活習慣病#がん#セルフメディケーション

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中