1371 健康をデザインする

iPhone Mania記事より

<a href=”https://iphone-mania.jp/news-204294/&#8221; >Apple、従業員のための最高のヘルスケア環境を整備</a>

appleも従業員への健康維持・改善への環境づくりに本腰を入れた、という内容です。日本とは保険制度や医療関連法規が異なるのですが、医師、看護師、採血者、運動指導者などが常駐するものとみられます。

日本では産業医と栄養士がいる程度で、採血をしたり運動を指導してくれるまでのサービスはほとんどないでしょう。日本での運動指導というと、高齢者の方への指導にとどまっているのが現状でしょう。アウトドア企業のスノーピークさんには、トレーニング機器が本社内にあり、従業員が自由に使える環境を整えていますがこの様な例はまだ少ないです。

「デザイナー」、この言葉に驚き早速使わせてもらおうとも思いました(笑)。健康をデザインする、デザインには発想と企画力が必要です。相手のニーズに合った成果物が求められます。また最新の情報も必須です。

健康についても、一人ひとりの健康状態に合わせた指導や提案などが必要です。マネジメントやコーチングという言葉よりもデザインがとてもあう様な気がします。

ヘルスアンドウエルネスデザイナー、薬剤師の別名にしよう!、と言うのは時期尚早でしょうか。健康サポート薬局が地域住民の健康全般を応援する役割を担っています。そこにいる健康サポート研修修了薬剤師(名称長い!)は、この別名て呼ばれてもいい様に思います。

デザイナーという響き、いいですね。あなたはどんなデザイナーになりますか?

#デザインする#健康デザイナー#ヘルスアンドウエルネスデザイナー#かかりつけ薬剤師#健康サポート薬局#従業員の健康#日本は中途半端#セルフメディケーション

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中