1372 比喩表現としてのブタ

今日3月1日は「豚の日」です。アメリカ合衆国で開催されるブタを祝う行事である。

このお祝いは、1972年に、姉妹であるテキサス州ラボック市の教師エレン・スタンリー(Ellen Stanley)とノースカロライナ州ビューフォート町(Beaufort)のメアリー・リン・レイブ(Mary Lynne Rave)が、家族で休暇を祝う日として開始した。wikipediaより

流される、という話です。

今でもそうかもしれませんが、私が小学生の頃、ぽっちゃりした少し横に大きな子に向かって、ある動物に例えた侮辱的な表現がありました。

「この◯◯!」仮名2文字

この2文字の動物とはなんだったでしょうか。

その動物とは「ブタ」です。ここで、あぁそうだった、と思ったあなた、流されていますよ!

ブタの真実、ブタの平均体脂肪率は15%程度。人間の男性であればお腹が割れ始めている感じですね。もし「このブタ!」と言われたら「ありがとう」と返すのがいいですね。

どうしてこの様な矛盾が世の中の常識になってしまうのでしょうか?その原因の一つに「流される」という習慣があります。違う表現だと「考えない」という感じでしょうか。あの子が言っているから、テレビで言っているから、ネットに書いてあったから。自分が発信することに対して、正しいかどうかを確認せずに行ってしまうのは残念なことです。

情報は素材です。この素材を調理するのは取り扱うあなたです。素材を手に入れた時点であなたの所有物になります。素材であれ調理後の料理の状態であれ、あなたが発信者となります。ネットは信用ならない、と言います。その本質が少し見えるのではないでしょうか。

さて、ブタはスリムな人に使う動物だと分かりました。では、少し体型に気を使って欲しい人に、傷つけずに伝えられる動物の一つに「クマ」がいます。クマの冬眠前の体脂肪率は30%を超えます、ヒグマは40%程度だそうです。

今まで当たり前に使っていた言葉、もの、サービスなど、一度疑ってみて確認をしてみましょう。新聞の1段にかける文字は何文字だろう、日本の国旗、赤い丸は中央じゃないよね、とか色々な「アハ体験」ができますよ。

世の中知らないことだらけですね、だから面白いと思います。

#世の中の常識#アハ体験#豚の日#体脂肪率#クマ#確認する#本質を確かめる

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中