1400 取り組みを企画化する

保健指導リソースガイド記事より

<a href=”http://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2018/007220.php&#8221; >肥満対策に「立つだけダイエット」 座る時間を減らせば減量できる</a>

座っているよりも、立っている方が疲れます。疲れるということは体がエネルギーを産生している証拠です。エネルギーを産生した際に疲労物質も産生されるからです。

何もせず、ただ立っているという状態でも1分間立ち続けることでも長く感じます。5分間も立っていようとすれば、どちらか一方の足に体重移動をしたり、屈伸したり、もしかしたらイライラしたりしてきます。立つという行為はなかなかハードな事なのです。

では、立つことの大切さが理解できたところで、立って数分間なにをして過ごすか、に注目してみます。立ち上がる事を目的とした企画作りです。

ストレッチをする、階段の上り下りをする、散歩する、などあなたなりの立ち上がるための理由を考えて実行してみましょう。私は水を飲むので、トイレに行く事が立ち上がる目的になります。

毎日30分歩こう、という企画は続けるためには相当の企画が必要です。できないかも、と思った時点で終了です、毎日は続きません。これなら続けられる、と思うまで企画の修正を行いましょう。

歩くことよりは易しい立つことのトレーニング、普段無意識の立つという行為に、意識と目的を付与して立つという事を行いましょう。きっと姿勢も良くなり、あなたの立ち姿が素敵になるでしょう。結果的に体重が少し落ちてきた、という感覚で続けましょう。

#立つ企画#意識する#継続する#百日理論#副次効果

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中