1432 継続に必要な要素とは」

このブログは薬剤師である筆者がセルフメディケーションの本質は何か、健康とはどんな状態のことか、三日坊主で終わってしまわないための意識や心構え等、今の状態から少しでも成長したい変わりたいというあなたに向けた実戦型ブログです。

読んでわかった気になっているだけで、何も行動を起こそうとしない方、現状打破に情熱を注げない方は、このブログを読む時間が勿体無いですので、ほかのことに時間を活用してください。

最後に実践のためのお題を出しています。必ず紙のノートに書いてください。書くだけでなく実践も行ってください。実戦なくして成長なし、あなたの健康はあなただけのものではありません。あなたの周りの人の健康もよくするために実践者として経験を広めてください。

保健指導リソースガイド記事より

<a href=”http://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2017/006719.php&#8221; >福岡市の「健康先進都市戦略」 人生100年を見据えた新戦略「福岡100」</a>

平均寿命が延び、増大し続ける医療費に頭を悩ませているのは政府だけではありません。医療費の予算管理が市町村から都道府県に変わったのは、市区町村単位では医療費の支払いで破綻するところが出てしまう理由からです。生活習慣病に対する医療費は青天井で、患者数を増やさない取り組みが喫緊の課題です。糖尿病の三大合併症の一つ、腎症は人工透析になると年間医療費は600万円にも上ります。10人が新たに人工透析になると、それだけで年間6,000万円の医療費が増えることになります。

「福岡100」は2025年までに100のアクションを行うというものです。行うことはできます、問題は継続性があるかどうか、です。単発では幾らでもアクションを取ることは可能です、しかしやり続けることはとても難儀なことです。

ダイエットを例にすれば分かりやすでしょう。体重減少をコミットする企業が元気です。理想的なスタイルを手に入れた方にその後1年を追ったドキュメンタリーを撮影したい、というオファーをしたら喜んで受け入れるでしょうか。10人に1人でもいたら良い方ではないでしょうか。一瞬でも手に入れることは出来ます、それを維持するのはとても難しいです。

コミットして理想的なスタイルを手に入れる、という仕組みのポイントは「チーム戦」です。あなたをサポートするチームがあるからこそ、高い目標を達成することができます。契約が切れることは即ち「チームの解散」で、あとは一人で頑張っていくことになります。これまで1人でなんともできなかったから、コミットして達成したのにまた1人で頑張っていく、スタイルをキープする難しさは想像に難くないでしょう。

継続させたければチームで取り組み続けることだということです。世の中にヒットし続ける製品やサービスには、チームの存在があります。このチーム作りがマネジメントの肝になるのです。

「継続は力なり」、その通りです。継続させた時点で相当な経験を積んでいるからです。健康への取り組み継続性を出すために苦労している最中です、継続に必要な何かを持つ人たちでチームを作ることが初めの一歩、それを引き継ぐ人材の育成と同時にプロジェクトを進めることが次のステップ、PDCAをサイクルとして回し続けられれば継続出来る仕組みへ形作られるでしょう。

今日の実践

「100日以上、継続させるために必要な要素とは何か、重要なものから3つ挙げてノートに書く。今日から始めたいことを決めて実際に100日以上取り組み始めてみる」

#2025年問題#2035年#医療破綻#人工透析#100歳時代#2045年人工知能#百日理論#継続は力なり#3ヶ月コミット#チーム力#地域医療連携#薬剤師の立ち位置

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中