1439 日本にこそソーダ税を

このブログは薬剤師である筆者がセルフメディケーションの本質は何か、健康とはどんな状態のことか、三日坊主で終わってしまわないための意識や心構え等、今の状態から少しでも成長したい変わりたいというあなたに向けた実戦型ブログです。

読んでわかった気になっているだけで、何も行動を起こそうとしない方、現状打破に情熱を注げない方は、このブログを読む時間が勿体無いですので、ほかのことに時間を活用してください。

最後に実践のためのお題を出しています。必ず紙のノートに書いてください。書くだけでなく実践も行ってください。実戦なくして成長なし、あなたの健康はあなただけのものではありません。あなたの周りの人の健康もよくするために実践者として経験を広めてください。

ヘルプレ記事より

<a href=”http://healthpress.jp/2018/05/post-3612.html&#8221; >肥満対策、炭酸ジュースに課税で効果あり! 米フィラデルフィアで愛飲者が4割も低下</a>

数十円の税効果で、何百億円もの将来医療費が削減される。健康によろしくない精製白糖や、健康への影響がはっきりしない人工甘味料の摂取を控えるには、税の創設が大変効果ありとなるのでしょう。

モノの飽和状態では、一部の価値を見極める層以外は価格で選んでしまいます。メーカーは本意ではない製品スペックで戦わざるを得なくなり、店頭の価格競争下で売場スペースを確保しなければなりません。自然と販促に投資することとなり、ますます製品の品質向上への投資は後回しになってしまいます。

ソーダ税の注目すべき点は、エナジードリンクも対象であることです。エナジードリンクのエナジーとして含まれているものは、精製白糖です。砂糖でエネルギーを起こそうとしているのですが、これにもソーダ税が徴収されるのは、理にかなっています。

以前ある方と糖類ゼロのエナジードリンクについて議論になった事がありました。糖分こそエネルギー源なのに、糖類ゼロならエナジードリンクではない。というのが相手の主張でした。

私はビタミンB群の高容量処方こそ、エナジードリンクであり、糖は肝臓からいくらでも作られるからわざわざ配合する必要はない。という主張でした。

議論は平行線のままでしたが、糖でエネルギーを産生させるエナジードリンクは、飲み過ぎれば確実に体脂肪となりますので量はしっかり守りましょう。

今の日本の飲料トレンドは「無色透明」です。無色透明なのに、オレンジやイチゴの味、紅茶やコーヒーなども登場しています。しっかり糖類配合で、カロリーもきちんとあります。見た目の水っぽさだけで売れています。

「水を飲みたいけど、美味しくないから味付きの水で済ませたい」という心理をついたマーケティングが上手くハマっている状態です。手法としては火をつけるタバコと加熱式の電子タバコと同じですね。

本質を見極めて将来を想像して今の行動を決める。めんどくさがらずにちゃんとやることが、健康な生活を安心して送れると思います。ちゃんとやりましょう。

今日の実践

「どうして糖に対する世の中の評価は悪いのか。糖の摂取を控えなければならないのか、理由を自分なりに考えてノートに書く。今日から飲料を買う際、ラベル表示の糖類配合量とカロリー量を確認してから購入してみる。」

#ソーダ税#糖類#精製白糖#血糖スパーク#血管硬化#生活習慣病#本質を見る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中