1441 教育できる住まい

このブログは薬剤師である筆者がセルフメディケーションの本質は何か、健康とはどんな状態のことか、三日坊主で終わってしまわないための意識や心構え等、今の状態から少しでも成長したい変わりたいというあなたに向けた実戦型ブログです。

読んでわかった気になっているだけで、何も行動を起こそうとしない方、現状打破に情熱を注げない方は、このブログを読む時間が勿体無いですので、ほかのことに時間を活用してください。

最後に実践のためのお題を出しています。必ず紙のノートに書いてください。書くだけでなく実践も行ってください。実戦なくして成長なし、あなたの健康はあなただけのものではありません。あなたの周りの人の健康もよくするために実践者として経験を広めてください。

 

ロボスタ記事より
<a href=”https://robotstart.info/2018/04/23/ai-apartment.html&#8221; >AI搭載マンションが分譲開始、価格は7千万から 100個以上のセンサーで行動を学習</a>

あの煩わしいリモコン置き場が、リモコンごと無くなるマンションが販売されます。また、警備会社と契約していないのに、防犯の機能も期待できます。そして、健康にも関与できると私は思います。

住めば住むほど快適になる部屋、部屋が住人のライフスタイルに合わせ成長します。部屋を教育しているみたいで楽しそうです。キャスパーの広告にも楽しいと女性は言っています。部屋自体が住人のような感覚なのでしょうか。

CASPAR(キャスパー)が健康に関与すると思う根拠は、生活ログです。AIは習慣を学習し、習慣に合わせた行動を起こします。そのため、住人の生活習慣がそのままAIに記憶されるので、起床時間、食事時間、就寝時間やテレビを見る時間、入浴やトイレに至るまで何もかも記録されています。家の中の生活ログを分析すれば健康なライフスタイルの提案や、不健康になる生活習慣も解明されることでしょう。薬を飲むタイミングも分かってしまうので、服薬状況から最適な治療も行うことも可能でしょう。

在宅医療にも大活躍すると思います。また、独居老人の方にも安心して住むことができると思います。少子超高齢社会、人の有効活用のためにAI技術を利用して快適な社会を実現する。ITに関する知識を得ておくようにし、ITに苦手意識を無くしうまく利用できるようにしておくと安心ですね。

世の中IT無しには生活ができないくらいにまで、ITは浸透しています。これからも進化し続け、「シンギュラリティ」という言葉も生まれています。ITと親しく付き合うという気持ちで接することが、私たちに求められるでしょう。ガラケーでも良いですが、世の中は指数関数的に進んで行きますよ。

 

今日の実践
「AIやロボットに対する自分の考えをノートに書く。キャスパーのような住宅について、このような人が住むには適していると思う住民像をノートに書いて見る。」

 

#CASPAR#AIマンション#スマートマンション#見守られる家#規則正しい生活#生活リズム#部屋とコミュニケーション#鍵不要#リモコン不要#スイッチ不要

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中