1448 塩分を減らそう

このブログは薬剤師である筆者がセルフメディケーションの本質は何か、健康とはどんな状態のことか、三日坊主で終わってしまわないための意識や心構え等、今の状態から少しでも成長したい変わりたいというあなたに向けた実戦型ブログです。

読んでわかった気になっているだけで、何も行動を起こそうとしない方、現状打破に情熱を注げない方は、このブログを読む時間が勿体無いですので、ほかのことに時間を活用してください。

最後に実践のためのお題を出しています。必ず紙のノートに書いてください。書くだけでなく実践も行ってください。実戦なくして成長なし、あなたの健康はあなただけのものではありません。あなたの周りの人の健康もよくするために実践者として経験を広めてください。

糖尿病ネットワーク記事より

<a href=”http://www.dm-net.co.jp/calendar/2017/026940.php&#8221; >高血圧予防ダイエットは痛風にも効果がある 高血圧と痛風の両方を改善</a>

DASHダイエット、中身は普通に栄養バランスのとれた食事です。血圧や通風だけではなく、生活習慣病全体に好影響を及ぼすと思います。

体質改善や減量で大切なことは「継続」です。継続することに大切なことは「計画」と情熱」です。明確な計画と燃え上がる熱を保つこと、これだけです。結果は後からついてきます、この2つを持って行動すれば良いだけですが、なかなか実現できないようです。

DASHダイエットの食事内容で、最も達成させることが難しいのは「塩分摂取量を減らす」ことです。日本人の塩分摂取量は10gほどです、それを半分にまで減らさなければならないのですが、毎日自炊をしても塩分を5g以内に抑えることは難しいです。外食を1度でもしたら、塩分5gはあっという間に超えるでしょう、それくらい日本の加工食品等は塩漬けなのです。

食品スーパーやコンビニで買った総菜や弁当には塩分がしっかり入っています。ソーセージやチーズ、カップラーメンにも塩分が多いです。塩分摂取マネジメントが出来るかどうかが、DASHダイエットのポイントであり、血圧マネジメントの要所なのです。

今日は「世界高血圧デー」、日本では「高血圧の日」です。むくみがひどい、汗をかかないなど、塩分摂取の多さの影響かもしれません。塩分摂取の見直しをしてみることを勧めます。

今日の実践

「『塩分』とは何か。あなたなりの考えをノートに書く。塩分の体に及ぼす働きについて調べ、ノートにまとめる。塩分摂取をこれまでの半分にする場合、どんな食事をすれば良いかもノートに書く。」

#DASHダイエット#塩分摂取#通風#高血圧デー#継続#明確な計画#燃え上がる情熱

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中