1452 水を飲むことは怖い?

このブログは薬剤師である筆者がセルフメディケーションの本質は何か、健康とはどんな状態のことか、三日坊主で終わってしまわないための意識や心構え等、今の状態から少しでも成長したい変わりたいというあなたに向けた実戦型ブログです。

読んでわかった気になっているだけで、何も行動を起こそうとしない方、現状打破に情熱を注げない方は、このブログを読む時間が勿体無いですので、ほかのことに時間を活用してください。

最後に実践のためのお題を出しています。必ず紙のノートに書いてください。書くだけでなく実践も行ってください。実戦なくして成長なし、あなたの健康はあなただけのものではありません。あなたの周りの人の健康もよくするために実践者として経験を広めてください。

ヘルプレ記事より

<a href=”http://healthpress.jp/2018/05/post-3628.html&#8221; >西城秀樹さんの訃報で振り返る~ヘビースモーカーが招いた脳梗塞</a>

健康に気を使うとは、一体どういうことなのでしょうか?この記事から読み取れることの一つに、「体重を気にし過ぎ」他のではないでしょうか。

「68kg」、これを維持することが西城さんの健康の物差しだったのかもしれません。そして「水を飲むと太る」と思い込んでいたようにも思えます。

「水を飲むと太る」、「水を飲むと浮腫む」と思い込んでいる方がいらっしゃると思います。もしそうなら、私の体重は今頃700kgを超えていますね(笑)。毎日3リットル以上の水を飲み、1リットル以上の水分を補給していますから。

ヒトは恒常性動物です。気温や天候の変化など、体外環境や体内環境の変化が起きても、常に一定の状態を維持する様にヒトは出来ています。体内の水分量も成人で体重の60%、乳幼児で80%と決まっており、水を飲んだらその分の水を出します。

使った後のお風呂のお湯を2〜3日ほって置いたら、お湯は濁りますよね。水が体内に滞っている状態も同じ様な濁りになります。お風呂はお湯を捨ててから入れ直しますが、体はそうはいきません。水を抜いたら死んでしまいますからね。

体内の水を綺麗にするには、まず「水を飲むこと」です。水を飲むことで、汚れた水を体外へ排出できるのです。水を飲むことの本質がここにあります。

血管系の病気になりたくなかったら、水を飲みましょう。その次に栄養バランスです、水よりも大切なこともありますが、それはまたの機会に。

今日の実践

「どうして水を飲まなければならないのか、自分なりの考えをノートに書く。水を飲む場合、どんな水を飲めば良いのか、合わせてノートに書く。今日からその水を飲む様に実践する。」

#泉の水#2リットル#恒常性#血管系疾患#濁り#浮腫む#血液サラサラ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中