1455

このブログは薬剤師である筆者がセルフメディケーションの本質は何か、健康とはどんな状態のことか、三日坊主で終わってしまわないための意識や心構え等、今の状態から少しでも成長したい変わりたいというあなたに向けた実戦型ブログです。

読んでわかった気になっているだけで、何も行動を起こそうとしない方、現状打破に情熱を注げない方は、このブログを読む時間が勿体無いですので、ほかのことに時間を活用してください。

最後に実践のためのお題を出しています。必ず紙のノートに書いてください。書くだけでなく実践も行ってください。実戦なくして成長なし、あなたの健康はあなただけのものではありません。あなたの周りの人の健康もよくするために実践者として経験を広めてください。

健康経営ドットコム記事より

<a href=”http://kenko-ka.com/news_20170919&#8243; >総合職の「横並び給与」にはもはや無理がある</a>

働き方改革法案が、今日、採決される予定ですが、生産性のない国会劇場で議論されてもって感じですね。この法案によりサービス残業が減り、ライフワークバランスが取れ、何より生産性が高まるのでしょうか。

企業に所属されたい方の無期雇用は、非常に売り手市場となってきました。それだけ時間という価値を大切にしたいと思う、労働人口が増えてきていると思います。

とてもまどろっこしい言い回しをしていますが、一口に正社員と言ってしまえばそうなのですが、有期か無期かでパート社員、契約社員、正社員と呼ばれます。契約社員と正社員との違いは有期か無期かの違いだけです。

数年前までは派遣切りという、有期被雇用者が突然のクビを言い渡される事が社会問題になりました。そして企業は正社員を募集していますが、応募が来ない、という現実に当たっています。被雇用者のニーズはどこにあるのでしょうか?

ヒトの人生は還暦で一回りし、振り出しに戻ると考えられています。つまり60年一括り、これを日本経済に当てはめてみると、高度経済成長は1955年頃から20年間程度の期間を言いますが、60年が経過していますね。ヒトの人生と同じように経済も振り出しに戻っているのではないでしょうか。

経済で「振り出しに戻る」とはどういう事でしょうか。私は「自分で稼ぐ」事だと思います。経済はお金稼ぐ事で成り立ちます。戦後復興できた最大の要因は、この自分で稼ぐ精神と行動力だと思います。

言い換えると「手に職」です。商売を始めたり農業や漁業などの1次産業で自らの手で稼いできた事が、敗戦国でで先進国となり得た理由だと思います。

60年経って、今の経済も「自分で稼ぐ」時に戻っているように感じます。ベンチャー企業が立ち上げる環境は整っており、20代のチャレンジャーが稼ぐべく会社を興しています。政府の「1億総活躍」も稼ぐことを奨励しています。

日本のサラリーマンは安定しているかもしれませんが、一定です。ITも無人タクシーも、ドローンも海外から遅れています。いつのまにか自分の会社が海外企業に合併されていた、という話も増えてくることでしょう。日本の水源地が中国などに既に渡っていることをご存知でしょうか。水道水を飲んだら海外へお金が出て行く、恐ろしいことです。

日本の経済が低成長のため、内向きな行動や思考に陥っています。下を向いてばかりでは海外にあっという間に飲み込まれていきます。正社員へ募集しないのは、「やれることより、やりたいこと」を優先しているためなのかもしれません。たった一度の人生、やりたい事で生きたいですね。

#一定で良いの?#サラリーマンという流される選択#高度経済成長#自分が稼ぐ#海の向こうを常に見る#2020年まで1年と少し#後悔先に立たず

今日の実践

「あなたは仕事を通して、どんな社会貢献をしていると思うか、ノートに書く。」

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中