1477 起立する習慣をつけよう

このブログは薬剤師である筆者がセルフメディケーションの本質は何か、健康とはどんな状態のことか、三日坊主で終わってしまわないための意識や心構え等、今の状態から少しでも成長したい変わりたいというあなたに向けた実戦型ブログです。

読んでわかった気になっているだけで、何も行動を起こそうとしない方、現状打破に情熱を注げない方は、このブログを読む時間が勿体無いですので、ほかのことに時間を活用してください。

最後に実践のためのお題を出しています。必ず紙のノートに書いてください。書くだけでなく実践も行ってください。実戦なくして成長なし、あなたの健康はあなただけのものではありません。あなたの周りの人の健康もよくするために実践者として経験を広めてください。

iPhone Mania 記事より

<a href=”https://iphone-mania.jp/news-215686/&#8221; >Apple Parkでは全社員に「立ちデスク」を供給</a>

<a href=”http://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2018/007220.php&#8221; >肥満対策に「立つだけダイエット」 座る時間を減らせば減量できる</a>

「座り続けることは新種のがん」と言うほど、Appleでは起立する事を推奨しています。iPhoneにデフォルトでインストールされているアプリ「アクティビティ」にも、1時間に最低でも1分起立することを求めています。座り続けていると、毎時50分に起立することを求めるアラームが表示されます。

立ちデスク、疲れたらデスクの高さを低く調整して椅子に座る。そしてまた起立して仕事に戻る、椅子も座り心地の良いであろうものを揃えて、座る時間を短時間に、でも座った満足感は高いのでしょう。健康と仕事の効率の両得を得られる環境です。

座り続ける、ことも生活習慣病に結びつくとのこと。糖尿病の予防のためにも起立することを意識して行動することが必要です。オフィスを1周歩けば1分くらいはかかると思うので、1時間に1回はオフィス1周しましょう。

基本的に人は起立するか座るか寝るかのどれかの体勢で過ごしています。座っている時間の数分間を起立する方へ変換すれば、健康維持へとつながって行くのです。無料ですぐにでも出来る健康への新習慣です、早速今日から始めてみましょう。

今日の実践

「1日のうち、寝ている時間・起立している時間・座っている時間をざくっとノートに円グラフで書き出してみる。睡眠時間はそのままで、座っている時間を30分減らしその分起立する時間を増やした時間で円グラフを書く。今日からやってみる。」

#起立する#座り続けることは新種のがん#高さ調節デスク#Vitra#アクティビティ#スタンディング#糖尿病

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中