1497 シンプルに考えて行動する

このブログは薬剤師である筆者がセルフメディケーションの本質は何か、健康とはどんな状態のことか、三日坊主で終わってしまわないための意識や心構え等、今の状態から少しでも成長したい変わりたいというあなたに向けた実戦型ブログです。

読んでわかった気になっているだけで、何も行動を起こそうとしない方、現状打破に情熱を注げない方は、このブログを読む時間が勿体無いですので、ほかのことに時間を活用してください。

最後に実践のためのお題を出しています。必ず紙のノートに書いてください。書くだけでなく実践も行ってください。実戦なくして成長なし、あなたの健康はあなただけのものではありません。あなたの周りの人の健康もよくするために実践者として経験を広めてください。

保健指導リソースガイド記事より

<a href=”http://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2018/007504.php&#8221; >メタボや高血糖の原因は「恒常性維持機構」の異常 新たな治療法を開発</a>

糖尿病は生活習慣病の一つ、さらに世界的に対応を早急にしなければならない病です。糖尿病とは血糖値が高い状態ですが、血糖値が高いことによる体への影響は頭のてっぺんから足の指先まで、体の中も外も全てに悪影響を及ぼします。そのため、世界の医療研究者は糖尿病への研究に必死になって取り組んでいます。

血糖値か上がるというのは、何が原因でしょうか?細菌やウイルスに感染することで引き起こるのでしょうか、それともなにか特別な処置をすることで引き起こるのでしょうか。

答えはシンプルです、ただの食べすぎです。ここで言う糖尿病は2型糖尿病のことですが、食べ過ぎによるカロリー過剰状態に体が対処しきれないことによる現象なのです。

そのため糖尿病を予防することや改善するためには、食べ過ぎないこととカロリーを消費することの2つです。どちらか一方でも効果がありますが、両方やった方がより効果的ですので、糖尿病と診断された方にはもれなくこの2つの解決方法を教えてくれます。

この単純な改善策を内蔵レベルでなんとかしようとするのが、研究者です。今日の紹介では肝臓が主役ですが、膵臓や腎臓、血管などプレイヤー毎にさまざまな角度から研究されています。しかしながら、患者さんへの教育も研究者の発表も虚しく、糖尿病患者数は日本はもちろん世界中で増え続けています。

世界人口が減る原因は、戦争や天災ではなく病気ではないかと思ってしまうほど、糖尿病やがん、と言った生活習慣病の脅威は図りしかねます。

糖尿病はそれほどまでに脅威なので、必死になんとかしようと努力が続いています。当の糖尿病患者さんは、服薬後6ヶ月もしないうちに薬を飲むことをやめてしまいます。その割合およそ50%、半数の方が薬を止めます。生活習慣が改善されていれば良いのですが、なにも変わらない。運動する時間がない、お酒飲めないタバコ吸えない、揚げ物控えめなど制限されたくない。結果、糖尿病が進行していくだけなのです。

糖尿病はシンプルです、シンプルなことをやり続けること。健康づくりも同じのこと、早寝早起き腹八分目、少しの運動と6時間以上の睡眠、それらの繰り返し。健康づくりをシンプルに考え、一つ一つ着実に実行することです。何事もシンプルに。

今日の実践

「今悩んでいることをノートに列挙する。挙げた悩み事に原因をその横に書いていく。その際シンプルに単語1語で表すようにする。最優先に解決したい悩みを一つ選びそれに向け行動を今日から起こしてみる。」

#シンプルに#繰り返す#糖尿病#DM#服薬離脱#習慣を変える#セルフメディケーション#規則正しい生活

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中