1504 注意力こそ武器

このブログは薬剤師である筆者がセルフメディケーションの本質は何か、健康とはどんな状態のことか、三日坊主で終わってしまわないための意識や心構え等、今の状態から少しでも成長したい変わりたいというあなたに向けた実戦型ブログです。

読んでわかった気になっているだけで、何も行動を起こそうとしない方、現状打破に情熱を注げない方は、このブログを読む時間が勿体無いですので、ほかのことに時間を活用してください。

最後に実践のためのお題を出しています。必ず紙のノートに書いてください。書くだけでなく実践も行ってください。実戦なくして成長なし、あなたの健康はあなただけのものではありません。あなたの周りの人の健康もよくするために実践者として経験を広めてください。

健康博覧会記事より

<a href=”http://www.this.ne.jp/news/detail.php?nid=1067&#8243; >視認性低い打消し表示「景表法違反のおそれ」も</a>

「お口に合わなかった場合、代金は全額返金いたします。」という文を見たら、食べてみて嫌だったら返せるんだ、と思い安心して購入しようとしますが、その文とは別の場所に「ただし未開封の場合に限ります。」とあったら、ひどいと思いますよね。開けずに食べることはできませんから、最初から返品なんて受け付けていないのですから。

日本の広告や販促物には、このような詐欺とも言える文言がまだ横行しています。携帯電話のキャリアでも、広告の注意事項の文字が小さくて読みづらいため改善させられた事もあります。

騙す方が悪い、騙される方が悪い、とパラレルな議論がなされますが、そもそも広告とはそういうものだと受け入れてしまえば解決します。このことを認識しておけば、「打ち消し文はどこにあるのか?」とその文があるかないかを確かめるようになり、広告見る目が養われます。これが習慣化されれば広告の作り方でその企業の良し悪しが判断できるようになります。

また、広告からその企業の儲けの仕組みも見えてきます。初回無料ということは、2回目以降の継続を誘導するための集客方法であって、応募方法も断りにくい電話という手段を取っているんだな。継続を断るときも電話以外の方法では出来ないようにして、自動継続者で利益を安定化させているんだ、とわかるようになります。

逆に、手軽に解約できる製品やサービスであれば、その会社の姿勢にも好感が持てますね。2年縛りとかやめて欲しいのに、そのプランが一番得するからそれに流されてしまっています。上手く消費社会にはめられていますね。

健康がセルフメディケーションと言うように、自己責任になっているのと同様、騙されたような状況に陥ってしまうのも自己責任と片付けられてしまう時代です。しっかりと自分の情報の受け取り方と言うモノサシを持って、情報に向き合っていきましょう。

今日の実践

「街角やチラシ、ウエブ広告などの文言を隅から隅まで読んでみる。利用者にとってメリットとなる文とデメリットになる文を抜き出してノートに書いてみる。これを3回、異なる広告でおこなってみる。」

#自己責任#打ち消し文#ただし書きで判断#返品条件#物を売るか心まで添えるか#企業理念#初回特価#歯の浮くような表現

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中