1525 運動はどこでもできる

このブログは薬剤師である筆者がセルフメディケーションの本質は何か、健康とはどんな状態のことか、三日坊主で終わってしまわないための意識や心構え等、今の状態から少しでも成長したい変わりたいというあなたに向けた実戦型ブログです。

薬剤師は薬剤師法第1条の中で「国民の健康な生活を確保する」と明記されています。私はその薬剤師法第1条を実現する者として発信して参ります。

読んでわかった気になっているだけで、何も行動を起こそうとしない方、現状打破に情熱を注げない方は、このブログを読む時間が勿体無いですので、ほかのことに時間を活用してください。

最後に実践のためのお題を出しています。必ず紙のノートに書いてください。書くだけでなく実践も行ってください。実戦なくして成長なし、あなたの健康はあなただけのものではありません。あなたの周りの人の健康もよくするために実践者として経験を広めてください。

ヘルプレ記事より

<a href=”http://healthpress.jp/2018/08/post-3734.html&#8221; >やっぱり健康にはヨガとピラティス!? 糖尿病や高血圧にも効いた!</a>

運動をしましょう、と言われたら、大体の人はウォーキングやジョギングを始めるでしょう。ラジオ体操やヨガを始め人は少ないと思います。

体を動かすためには、正しい動かし方があります。ネットやテレビ、ユーチューブで見ただけではその運動の目的を100%達成させることは難しいです。第三者の目とアドバイスがあると解決しやすいです。

疾病を持った人にヨガやピラティスが良いのは、記事の通りです。安全で体の状態を確認しながら行える点が特徴です。ゆっくり行えるので筋肉への負担も少なく、気持ち良い汗をかくこともできます。ウォーキングなどとは違い途中でやめてしまっても、自宅ならすぐに他のことをすることができます。ウォーキングだとそこからまた帰るために体力などを必要とします。

運動も意識することが大切で、いつでもどこでも無料でできます。例えば電車での移動であれば、階段はかかとを上げてつま先で登り降りする、つり革を持たない、つり革で肩甲骨周りをほぐすなど意識すれば運動は出来ます。時間がないのではなく時間の使い方を工夫するのです。

いつものように、何故それをやるのか、が大切です。そのものを好きになれれば最高です、好きなものは続きます。何でも好きなところを見つけようと意識すれば、もっと生活が楽しく充実したものへ変わることでしょう。色々な見方をして新しい発見をし、いつもの日常にポジティブさをプラスしましょう。

今日の実践

「今の日常生活の中で、ちょっとした運動が出来そうだな、という時間を見つけてみて、どの時間にどのような運動ができるかをノートに書く。今日からやってみる。」

#運動とは体を動かすこと#ラジオ体操も立派な運動#ヨガは自分自身との会話#アイデアで運動はできる#運動の先を見る#今ではなく将来を見る#目的を明確に

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中