1532 思考の深さを持っておく

このブログは薬剤師である筆者がセルフメディケーションの本質は何か、健康とはどんな状態のことか、三日坊主で終わってしまわないための意識や心構え等、今の状態から少しでも成長したい変わりたいというあなたに向けた実戦型ブログです。

薬剤師は薬剤師法第1条の中で「国民の健康な生活を確保する」と明記されています。私はその薬剤師法第1条を実現する者として発信して参ります。

読んでわかった気になっているだけで、何も行動を起こそうとしない方、現状打破に情熱を注げない方は、このブログを読む時間が勿体無いですので、ほかのことに時間を活用してください。

最後に実践のためのお題を出しています。必ず紙のノートに書いてください。書くだけでなく実践も行ってください。実戦なくして成長なし、あなたの健康はあなただけのものではありません。あなたの周りの人の健康もよくするために実践者として経験を広めてください。

保健指導リソースガイド記事より

<a href=”http://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2018/007628.php&#8221; >健康保険加入者の37%が肥満 脂質・血圧・肝機能など複数のリスクを保有 健康保険組合連合会</a>

40歳を超えると、検査値に異常がない人は約4割でマイノリティーになるようです。そして今の60代が70代に差し掛かる2025年は団塊世代が75歳以上の後期高齢者になる年です。医療の2025年問題に対応するために、医療制度改革を進めていますが、健保連の報告を見る限り今の改革度合いではまだ生ぬるいと感じてしまいます。

今、日本で生活していると、太ることは簡単にできてしまいます。

何も考えなければエレベーターのようにスムーズに肥満にたどり着くことができます。脂質や塩分に偏った加工食品、脳に訴える人工甘味料、勘違いさせる透明なペットボトル飲料、カロリーはゼロではないカロリーゼロ食品、お酒を飲ませるための味の濃い居酒屋メニューなどなど、食べたいものや出されたものを何も考えずそのまま飲食すれば体重計を嫌いになれます。考えていないので、どうして体重が増えたのかも分かりません。そのような方は体重が減っていると、期待して体重計に乗りますので、表示された数値を見ると余計にがっかりします。

ここでひとつ考えてみましょう。「なぜ健康にならなければならないのか?」、「どうして人生100年と言われ始めたのか?」、不思議だとは思いませんか?日本国憲法では、思想の自由が確保されています。選択の自由もあります。なぜ国は「1億総活躍」や「健康寿命延伸」と言うのでしょうか?

これも日本国憲法に定められた条文に基づくものと考えます。少し身の回りのことから大きく離れて、国や世界といった大きな視点で思考すると、世の中の流れが分かるようになります。目の前に一生懸命になりながら、世界の動きを観察するグローバル思考を持っておいた方がいいですね。この視点を持ちながら、再度、今日の健保連の報告を読んでみてください。始めとは違う言葉に反応することでしょう。その感性を大切にしてさらに磨く努力をしましょう。

今日の実践

「今日から3日間、何を食べ何を飲んだかをノートに全て書き、写真に撮っておく。その間、同じ時間に同じ服装で体重を量りノートに書く。その翌日から3日間、健康に配慮した食生活をし、体重を量る。それら体重の変化を見てみる。」

#健康な検査値を持つ40代以上はマイノリティー#BMI25以上#なぜを作り出すセンス#健康寿命#総活躍#俯瞰的な視野

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中