1539 進歩に対する意識は

このブログは薬剤師である筆者がセルフメディケーションの本質は何か、健康とはどんな状態のことか、三日坊主で終わってしまわないための意識や心構え等、今の状態から少しでも成長したい変わりたいというあなたに向けた実戦型ブログです。

薬剤師は薬剤師法第1条の中で「国民の健康な生活を確保する」と明記されています。私はその薬剤師法第1条を実現する者として発信して参ります。

読んでわかった気になっているだけで、何も行動を起こそうとしない方、現状打破に情熱を注げない方は、このブログを読む時間が勿体無いですので、ほかのことに時間を活用してください。

最後に実践のためのお題を出しています。必ず紙のノートに書いてください。書くだけでなく実践も行ってください。実戦なくして成長なし、あなたの健康はあなただけのものではありません。あなたの周りの人の健康もよくするために実践者として経験を広めてください。

ロボスタ記事より

<a href=”https://robotstart.info/2018/08/14/x-mov-slam-pepper.html&#8221; > 移動するPepperを介護施設の見回りに活用!「昼はレク、夜は巡回」で無駄のない活用を提案 X-mov Japan</a>

AIロボットはネクストステージへ入りました。これまでのAIロボットは自律走行せず、その場で発生や手や胴体を動かして活躍していました。今後はAIロボット自らが動き回り、さまざまな活躍を見せることでしょう。そしてその分だけ人の活動も変化せざるを得なくなります。

AIという頭脳に行動力が加われば、できる仕事は無限に広がります。今までの人の代わりだけではなく、人がやったことのない全く新しい仕事を担うことでしょう。さらに、その新しい仕事をAIロボットは自ら作り出すことでしょう。AIがAIを作り出す時代です。

テクノロジーの進歩はマニュファクチャーという仕組みを見直すきっかけです。人類が何のために生きるのか、という根源的な問題を考えさせるきっかけにもなっています。ワークライフバランスという考えは、テクノロジーの進歩によって生まれたものだと思います。

テクノロジーの進歩に対して、少し前までは「便利だね、嬉しいね」と喜んでいればよかったです。今では「そこまで進んでもいいものか?」と疑問符がつくような進歩になりました。進歩が行き過ぎた先にあるものは何か、その時あなたはどんな生活を過ごしているか、少し落ち着いて考えてみるのも良いと思います。

スマホの進歩も同様で、もうこれ以上進歩しなくても良いだろうと思うところまで来ている一方で、次はどんな新しいことを体験させてくれるのだろうか、と期待しています。世の中はこのように回り続けています。キリがありませんが、キリがないから進むこともできます。

AIロボットが介護のお手伝い、ふーんと読み過ごすのではなく、あなたの生活に応用できるなら何をしてもらえるかを、少し考えてみましょう。それがテクノロジーに付いていくことにもなります。

今日の実践

「テクノロジーはなぜ進歩し続けなければならないと思うか。あなたなりの理由を考えて、ノートに書く。」

#AIロボット#介護夜間巡回#pepper歩く#進歩に追いつくために#自分で考える#なぜを生み出す#便利すぎる代償#人生の目的

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中