1546 何を食べているかを注意深く観察する

このブログは薬剤師である筆者がセルフメディケーションの本質は何か、健康とはどんな状態のことか、三日坊主で終わってしまわないための意識や心構え等、今の状態から少しでも成長したい変わりたいというあなたに向けた実戦型ブログです。

薬剤師は薬剤師法第1条の中で「国民の健康な生活を確保する」と明記されています。私はその薬剤師法第1条を実現する者として発信して参ります。

読んでわかった気になっているだけで、何も行動を起こそうとしない方、現状打破に情熱を注げない方は、このブログを読む時間が勿体無いですので、ほかのことに時間を活用してください。

最後に実践のためのお題を出しています。必ず紙のノートに書いてください。書くだけでなく実践も行ってください。実戦なくして成長なし、あなたの健康はあなただけのものではありません。あなたの周りの人の健康もよくするために実践者として経験を広めてください。

保健指導リソースガイド記事より

<a href=”http://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2018/007640.php&#8221; >甘いものを食べるなら日中の活動時間を選ぶとメタボになりにくい

あなたの体は、あなたの食べたもので出来ています。痩せている両親の子供は、大体痩せています。それは遺伝の影響ではなく両親と同じものを食べているからです。子供だけメタボになりやすい食事をしているとは考えにくいですね。

世の中糖質だらけです。野菜も果物も食物繊維が減り、甘く食べやすく品種改良がなされています。玉ねぎは煮込みすぎると溶けてなくなってしまいます。食物繊維が減ったことによります。果物も然り、オレンジの主成分は70年前であれば「ビタミンC」でしたが、今は「果糖」です。野菜も果物も食べやすく品種改良で、大切なビタミンやミネラルの含有量は落ち、習慣性のある果糖に栄養に偏りました。

いつ食べるかも大切ですが、何を食べているかを把握することも大切です。それは食品添加物です。日本では100種類を超える食品添加物の使用が認められています。食品添加物には見た目を良くするための絵の具や、腐らないようにする防腐剤など、一つの食品に複数の成分が配合されています。ものによっては、原材料の数よりも食品添加物の方が多い食品もあります。何を食べさせられているか分かりません。

あなたの体はあなたが食べたもので出来ています。「何を食べるか」に、もっと注意を払って、食べてはいけないものを体の中に入れさせないようにしましょう。

今日の実践

「糖質と炭水化物との違いをノートに書く。」

#糖質#炭水化物#食品添加物#劇薬#品種改良#f1品種#果糖だらけの野菜や果物

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中