1549アンケートも情報の一つ、素材として扱う

このブログは薬剤師である筆者がセルフメディケーションの本質は何か、健康とはどんな状態のことか、三日坊主で終わってしまわないための意識や心構え等、今の状態から少しでも成長したい変わりたいというあなたに向けた実戦型ブログです。

薬剤師は薬剤師法第1条の中で「国民の健康な生活を確保する」と明記されています。私はその薬剤師法第1条を実現する者として発信して参ります。

読んでわかった気になっているだけで、何も行動を起こそうとしない方、現状打破に情熱を注げない方は、このブログを読む時間が勿体無いですので、ほかのことに時間を活用してください。

最後に実践のためのお題を出しています。必ず紙のノートに書いてください。書くだけでなく実践も行ってください。実戦なくして成長なし、あなたの健康はあなただけのものではありません。あなたの周りの人の健康もよくするために実践者として経験を広めてください。

マイボイスアンケート結果より
<a href=”http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/24006/index.html&#8221; >【 医薬品の購入 】に関するアンケート調査(第6回)</a>

医薬品は生活必需品ではありませんので、購入頻度が年に数回がボリュームゾーンであることは予想できます。週1回以上の購入や種類が多すぎて何を買えばよいか悩むという回答に対する、医薬品販売の資格を有する従業員の応対に課題があるように思えるアンケート結果です。

医薬品は生薬を除き化学合成品です。化学合成なので人工物です。そのためヒトにとっては遺物であり、体内に侵入してきたら即座に体外へ出そうとします。それを利用して日常生活に支障を来す症状を緩和・治癒するものが医薬品の働きです。

ドラッグストアなどで購入できる医薬品をOTC(オーバーザカウンター)医薬品と言います。医薬品は昔、薬剤師がカウンター越しに接客して購入することから、こう呼ばれています。現在は食料品と同じようにセルフで購入することができますので、OTCとは違います。本来はその人のその今の症状に対して適した医薬品を提供することがOTC医薬品の使命ですので、いつもと同じ薬を何もヒアリングをせずに購入することはあってはならないことです。

OTC医薬品購入に際し、商業的な面と医療の面があるのは事実です。そのため種類も多く、チラシにもお買い得商品として掲載され、売り場では派手なパッケージと演出で衣料用柔軟剤のような華やかさです。登録販売者や薬剤師という資格者が接客する時間は極力省かれています。

アンケートはある一面を表した本音です。どのように捉え今後の行動へ繋げるか、意識を変えるかが大切です。利用者、販売者がより近づけられる行動へ変わることが期待されます。
今日の実践
「アンケートに回答するとき、今後の改善等につながるようにするためには、どのようなことを意識すればよいと思うか、ノートに書く。自分がアンケートを行う場合、答えやすく意図する回答をもらえるような質問とはどのようなものか、考えをノートに書く。」
#アンケート#OTC医薬品#医薬品は異物#習慣性#医薬品は肝臓腎臓に負担#相互作用#副作用#対症療法

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中