1550 自ら動く理由

このブログは薬剤師である筆者がセルフメディケーションの本質は何か、健康とはどんな状態のことか、三日坊主で終わってしまわないための意識や心構え等、今の状態から少しでも成長したい変わりたいというあなたに向けた実戦型ブログです。

薬剤師は薬剤師法第1条の中で「国民の健康な生活を確保する」と明記されています。私はその薬剤師法第1条を実現する者として発信して参ります。

読んでわかった気になっているだけで、何も行動を起こそうとしない方、現状打破に情熱を注げない方は、このブログを読む時間が勿体無いですので、ほかのことに時間を活用してください。

最後に実践のためのお題を出しています。必ず紙のノートに書いてください。書くだけでなく実践も行ってください。実戦なくして成長なし、あなたの健康はあなただけのものではありません。あなたの周りの人の健康もよくするために実践者として経験を広めてください。

保健指導リソースガイド記事より

<a href=”http://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2018/007639.php&#8221; >社会的な孤立が生きがいの喪失につながる 社会保障・人口問題研究所「生活と支え合いに関する調査」</a>

社会とは人です。アンケートの結果は、人は1人では生きていけないことが示されたように思います。

今は商品でもサービスでも、何でもあります。本当に何でもあります。何でもありますが、取りに行かなければそのベネフィットを得ることは出来ません。昔は何も無かったので、豆腐屋さんや牛乳屋さんなどは家まで来てくれていました。今は自らアクセスして取りに行く時代です。

自らアクセスすると言うことは、情報を取りに行くことです。情報も取りに行かなければ得られません。テレビや新聞、雑誌などのマスメディア、本やネットのニュースまとめも情報源です。携帯電話が誕生し、スマートフォンが一般化されるほど普及したのは、情報を得るためのデバイスとして適していたのでしょう。そして情報を発信してシェアする時代へ入りました。動くことをしないと世の中から取り残されてしまいます。

コミュニティも待っていたのでは、何も生まれません。昔のようにご近所さん同士で声をかけ会うことはありません。知らない人からは、たとえ近所でも気持ち良い挨拶もできません。

人が集まる場所に自ら出向くのです。そこで考えや価値観が合う人と友達になるのです。友達を作りに行く、知り合いを増やしに行くという目的でコミュニティの中へ飛び込むのです。それがあなたの人生に大いに役立ってくるのです。もう受け身では誰も構ってもらえません、そんな厳しい時代なのだと認識しましょう。

このアンケートの結果を見て、意識を変えて行動を起こすか、仕方ないよねと今まで通りの生活を送るか、どんな判断をしてもそれはあなたの決断です。良いも悪いもありません。決めるのはあなたです。

今日の実践

「友達とは何か、あなたなりの定義をノートに書く。友達を増やすとするならば、どんな行動をすれば良いと思うか。ノートに書く。今日から友達を増やす行動をしてみる。」

#ひとり#社会は人#能動的行動#行動あるのみ#後悔先に立たず#未来は予測できる#未来は変えられる#勇気を持とう

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中