1551 行動できなければ無駄な時間

このブログは薬剤師である筆者がセルフメディケーションの本質は何か、健康とはどんな状態のことか、三日坊主で終わってしまわないための意識や心構え等、今の状態から少しでも成長したい変わりたいというあなたに向けた実戦型ブログです。

薬剤師は薬剤師法第1条の中で「国民の健康な生活を確保する」と明記されています。私はその薬剤師法第1条を実現する者として発信して参ります。

読んでわかった気になっているだけで、何も行動を起こそうとしない方、現状打破に情熱を注げない方は、このブログを読む時間が勿体無いですので、ほかのことに時間を活用してください。

最後に実践のためのお題を出しています。必ず紙のノートに書いてください。書くだけでなく実践も行ってください。実戦なくして成長なし、あなたの健康はあなただけのものではありません。あなたの周りの人の健康もよくするために実践者として経験を広めてください。

保健指導リソースガイド記事より

<a href=”http://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2018/007613.php&#8221; >【新連載】企業で働く保健師のキャリアプランを考える ~攻めの保健師養成を目指して~</a>

私は日本の企業でしか働いたことがありません。このような事例は日常茶飯事だと思います。会議室から出られない仕事の進め方が陥りやすいです。

彼らを過重労働へ追い込んでいるのは、「失敗できないプロジェクト」という強い不安・恐怖心です。失敗しないためにあらゆる状況をシミュレートし、その対応策のために会議や資料作成に時間が盗られます。

ゴールが明確でも、期限が区切られていなければ過重労働は減りません。ますます負荷がかかってくることでしょう。何のための会議か、この資料は本当に必要か?など疑問に思いつつも口に出せずに、指示通りに働くことも過重労働へ進む要因の一つです。

今の日本は安定を求めすぎていると思います。安心感とも言えますが、失敗をすることは不安定を示しますので、絶対に避けたいという心理が働きます。本来は行動を起こして、その結果が思い通りのものではなくても、諦めなければ失敗ではありません。諦めた時が失敗です。動く前から失敗を恐れるのは、安定を求めるからです。

世の中には安定しているものなど一つもない、最近読んだ本の言葉ですが、本質です。変化を楽しみ、味方につけることで人生は素晴らしいものになります。自分に正直に直感を信じて行動してみましょう。きっと面白いことがやってきます。今日も心は晴れやかに行動してみましょう。

今日の実践

「『失敗』とはどの様なことを指す言葉か、あなたなりの定義をノートに書く。今後、『失敗』という言葉を使わない様にするためには、どの様なことに気をつければ良いと思うか、ノートに書く。今日から実践してみる。」

#産業医#保健師#安定感#不安定感#恐怖心#不安で動けない#思考停止#行動停止はもったいない#失敗を放置しない#状況の捉え方を変える

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中