1562 今月に食生活を見直そう

このブログは薬剤師である筆者がセルフメディケーションの本質は何か、健康とはどんな状態のことか、三日坊主で終わってしまわないための意識や心構え等、今の状態から少しでも成長したい変わりたいというあなたに向けた実戦型ブログです。

薬剤師は薬剤師法第1条の中で「国民の健康な生活を確保する」と明記されています。私はその薬剤師法第1条を実現する者として発信して参ります。

読んでわかった気になっているだけで、何も行動を起こそうとしない方、現状打破に情熱を注げない方は、このブログを読む時間が勿体無いですので、ほかのことに時間を活用してください。

最後に実践のためのお題を出しています。必ず紙のノートに書いてください。書くだけでなく実践も行ってください。実戦なくして成長なし、あなたの健康はあなただけのものではありません。あなたの周りの人の健康もよくするために実践者として経験を広めてください。

平成30年度食生活改善普及運動

<a href=”http://www.smartlife.go.jp/common/pdf/plus1tool/program.pdf&#8221; >平成30年度食生活改善普及運動 厚労省</a>

9月は食生活改善普及運動月間です。日本人の栄養状態を評価して、減らすものや補うものを明確にして、より良い状態へ変える1ヶ月間です。

野菜不足はずっと続いています。それも約80gという不足量もほぼ変わりません。そして、食べている野菜もほぼ変わらないでしょう。だいこん、たまねぎ、キャベツ、にんじん、じゃがいも、レタス、ねぎ、日本人がよく食べる野菜です。本当は野菜は7色食べるのを推奨されています。白、緑、黄、赤、橙、紫、黒の7色です。

ファイトケミカルスは何度も登場する抗酸化作用に優れた成分です。ただ、人が食べられる可食部にはほとんど含まれず、皮や芯、えぐみ成分に多く含まれています。そのため、バーバード大学では野菜を「ホールフード」で食べることを勧めています。つまりやばい丸ごとそのまま食べる、ポトフも玉ねぎの皮も一緒に煮込みファイトケミカルスを取り入れます。これからの野菜の摂り方は「ホールフード」でいきましょう。あなたを酸化から守ってくれます。

この文書で驚いたことは、若年層のタンパク質不足の程度です。60歳以上の人たちよりも少ないことに驚きました。彼ら彼女らは普段、何を食べているのでしょうか?糖質と脂質だけの食生活なのでしょうか?そうであれは、少子も長寿も医療費抑制もポリファーマシーも何も改善されず、むしろ悪化する一方です。タンパク質不足、すぐに改善すべき色の大問題です。

タンパク質を摂取する方法に牛乳やヨーグルトなどの乳製品を勧めるのは、片手落ちです。どんなタンパク質を摂取すれば良いのか、もう少し詳細に提案しなければなりません。筋肉をつけ体を大きくさせたいのであれば、動物性のタンパク質を摂取すれば良いですし、体を丈夫に爪や髪の毛の先まで整えさせたいのであれば、植物性のタンパク質を摂取すればよいのです。このくらいの情報は伝えておかなければ、乳製品をやたら食べた結果、体重が増えた。となればもうタンパク質を摂取することはしないでしょう。

運動は歩きましょう、平常時心拍数の120%のペースで歩くと良いです。早歩き程度でじんわり汗をかくペースです。歩く前に水を200ml以上飲みましょう。汗をかく前に飲むことが大切です、ここポイント。

秋の雰囲気はあまりないですが、無理をしない程度で歩きましょう。なぜ歩くのか、という目的を明確にして歩くと良いですね。食欲の秋、運動の秋、体のことを気遣いながら、美味しく過ごしていきましょう。

今日の実践

「今月、食生活で一つ何かを改善しなければならないとしたら、何を変えるか。ノートに書く。早速今から実践する。」

#食生活改善普及運動#野菜不足80g#タンパク質不足#栄養バランス #10分プラスの運動#食欲の秋#スポーツの秋#ファイトケミカルス#2種類のタンパク質

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中