1589 不安と期待と行動

このブログは薬剤師である筆者がセルフメディケーションの本質は何か、健康とはどんな状態のことか、三日坊主で終わってしまわないための意識や心構え等、今の状態から少しでも成長したい変わりたいというあなたに向けた実戦型ブログです。

薬剤師は薬剤師法第1条の中で「国民の健康な生活を確保する」と明記されています。私はその薬剤師法第1条を実現する者として発信して参ります。

読んでわかった気になっているだけで、何も行動を起こそうとしない方、現状打破に情熱を注げない方は、このブログを読む時間が勿体無いですので、ほかのことに時間を活用してください。

最後に実践のためのお題を出しています。必ず紙のノートに書いてください。書くだけでなく実践も行ってください。実戦なくして成長なし、あなたの健康はあなただけのものではありません。あなたの周りの人の健康もよくするために実践者として経験を広めてください。

ヘルプレ記事より

<a href=”http://healthpress.jp/2018/09/post-3790.html&#8221; >教室での席が成績に影響!?「友だち同士? 隅に一人?」気になる研究結果は……</a>

私の大学生の時は友達と講義を受けていましたが、先生から遠い出入り口付近を陣取っていた記憶があります。もっとも、講義よりもソフトテニス部の練習の方に身が入っていましたが(笑)。席が指定されていない限り、前方に座ることはありませんでした。

大学の講義に限らず、講演会や映画館等百人程度の会議室やホールでも、同じような現象が起きていると感じます。左右後方通路側から埋まり、指示がなければ中央前方は最後まで空いていることが多いです。席の埋まり方は人の心理ももちろんありますが、そこで行われる内容への期待度とのバランスだとも思います。

大学の講義内容が面白く、飽きさせず、分かりやすければ少なくとも両端後方から席が埋まることはないでしょう。本質は行われる中身です、記事にある課題解決型のテストの点数に差があるのは、単純にコミュニケーション力の差であると考えられるでしょう。座る場所ではないですね。

世の中は人です。誰と出会い何と出会い、そして誰を(何を)選ぶか。とても大切なことなのでもう一度、「誰と出会い何と出会い、そして誰を(何を)選ぶか。」人は環境に影響されます。その影響度は目から入る情報の見た目や服装、カバンやアクセサリーなどが似てきたり、話し方も似てくるでしょう。さらには考え方まで似てくるようになります。コミュニティごとに異なる”色”を感じること、ありますよね。

自分をどの環境にいる事を是とするか、過去完了形でノートに書いてみましょう。

今日の実践

「この先の人生、どんなものにしたいかをノートに具体的に書く。その人生をすでに手に入れたとものとした場合、周りにはどんな人たちがいるのか。想像してノートに書く。今日からなりたい人生のための行動を起こしてみる。」

#大学生#講義の席#日本の席は小さい#足伸ばせない#代理出席#出席カード#追試#世の中は人#環境に染まる#環境を変える#本質は内容#選ぶのは自分

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中