1904 辞書からストレスを削除する

このブログは薬剤師で武蔵野大学の講師(みなし)でもある筆者がセルフメディケーションの本質は何か、健康とはどんな状態のことか、三日坊主で終わってしまわないための意識や心構え等、今の状態から少しでも成長したい変わりたいというあなたに向けた実戦型ブログです。

 薬剤師は薬剤師法第1条の中で「国民の健康な生活を確保する」と明記されています。私はその薬剤師法第1条を実現する者として発信して参ります。

 読んでわかった気になっているだけで、何も行動を起こそうとしない方、現状打破に情熱を注げない方は、このブログを読む時間が勿体無いですので、ほかのことに時間を活用してください。

 最後に実践のためのお題を出しています。必ず紙のノートに書いてください。書くだけでなく実践も行ってください。実戦なくして成長なし、あなたの健康はあなただけのものではありません。あなたの周りの人の健康もよくするために実践者として経験を広めてください。

朝日新聞2019年7月9日火曜日の記事より

ストレス多いと乳がん悪化〜細胞レベルで解明 新治療法へ期待〜

 患者がストレスにさらされると、乳がんが悪化する。岡山大の神谷厚範教授(細胞生理学)や国立がん研究センターなどの研究で、こんな関係性が細胞レベルで解明された。ストレスで活発になった神経の活動を遺伝子操作で止めてがんの進行を抑える治療法につながる可能性があるという。8日、専門誌ネイチャーニューロサイエンスに発表した。

 不安や恐怖、怒りといったストレスが生じると、交感神経の活動が高まる。交感神経とがん進行の関わりは以前から疫学調査の結果などから指摘されてきたが、詳細は不明だった。

 神谷さんらは、乳がん組織内の交感神経に着目。国立がん研究センターで手術を受けた乳がん患者
29人のがん組織を調べたところ、がん組織内の交感神経の密度が高い人は再発しやすかった。

 さらに、マウスにヒトの乳がん組織を移植し、乳がん組織内の交感神経を刺激し続けた。60日後、刺激しないマウスと比較すると、がんの面積は2倍近く大きくなり、転移数も多かった。一方、遺伝子治療で交感神経の活性化を止めると、60日経ってもがんの大きさは殆ど変わらず、転移もなかった。

中略

これまでのがん治療は手術や薬物治療、放射線治療が中心だが、がん組織内の局所の交感神経の活動を抑制する遺伝子治療が使えるようになれば「がん治療に『神経医療』という新たな選択肢ができるかもしれない」と指摘する。

以上転載でした。

 イライラしたり、カッカしたりすると体に悪いのはなんとなく認識していると思います。しかし、がんが進行するというところまでは想像できていないと思います。ちょっとした意識や行動の違いが、あなたの命の価値を決定してしまうのです。

 やはりポジティブに暮らすことが大切ですね。笑って暮らすこと、ネガティブなことは声に出さなこと。ネガティブな言葉はもうやめてしまいましょう。ネガティブな言葉が頭に浮かんだら、すぐにポジティブな言葉へ変換しましょう。トレーニングをすればできるようになります。小さなことも気にしないようにもすればなお良いですね。

 1回イラっとすると、ビタミンCは500mg消費すると言われています。日本人に1日に必要なビタミンCの4倍以上の量です。2000mgのビタミンCを摂取していても、4回イラっとしたらゼロになるのです。無駄に交感神経を刺激することは避けましょうね。血圧も上がるし、がんも育つし、ビタミンCも無くなってしまいますからね。セルフメディケーションにはマインドマネジメントも重要だということです。

 今朝、月1回通っている整体に行きました。のぼせ感や倦怠感があったので、肝臓が疲れているのかなと思っていたらその通り、肝臓が疲れていました。肝臓が疲れていると私の場合はアトピー性皮膚炎が出て、イラっとしやすくなります。お腹を押すと、肝臓が硬くなっているので指が入らなくなるんですよね。臓器の状態は機械を使わなくても体を押せば分かるのです。先月は腎臓が疲れていて今日は肝臓、大腸はずっと調子悪いです。

 体は常にサインを出し続けています。どのくらい自分の体を気遣っているか、そして小さな変化に気づいて対策を実施できるか、つまり予兆と予防を自己で完結できることがセルフメディケーションの本質を具体的な行動レベルで言い表すとこのようになるのではないでしょうか。セルフメディケーションが一人ではできない理由に、予兆が入っていることが挙げられると思います。

 ストレスをストレスと感じないようにする、ストレスの捉え方を変える、他のものに置き換える、物理的に少ない環境へ移る、時には避ける。ストレスに振り回されるのではなくストレスをコントローする側に移ってしまいましょう。我慢することが体にとって悪影響であるため、さっさとストレスと縁を遠ざける行動を取られることをお勧めします。ストレスフリーにするのではなく、ストレスの定義から変えてしまう、辞書からストレスを削除する感じです。

 残暑も厳しいですが、暑さというストレスもコントロールして毎日疲れをリセットしましょう。

今日の実践
「あなたにとっての『ストレス』とはどんなものか。ノートに列挙する。」

#交感神経刺激
#がん
#乳がん
#ストレス
#不安や怒り
#国立がんセンター
#セルフメディケーション
#予兆と予防
#セルメ
#神経医療

コメントを残す